おお、ということは発売日も近い…?

残念ながら発売日が今年初旬に延期されてしまった、Apple(アップル)のスマートスピーカー、HomePod。こちらについて興味深い情報が入ってきました。Taipei Timesによると、HomePodの工場からの出荷が始まったというのです。

HomePodは台湾のInventec(インベンテック)から出荷され始めているようです。台数は100万台とかなりの量。数量を考えれば、アメリカやイギリス、オーストラリアでの初回販売分であってもおかしくありません。

またTaipei Timesによれば、HomePodの出荷が遅れた理由は「ソフトウェアの改善が原因」だった様子。具体的にどの点がボトルネックになったのかは不明ですが、AppleとしてもHomePodを完璧な状態で出荷したかったのでしょう。

HomePodの発売時期については、GHBのテクノロジーアナリストが「2月の第2週から第4週にも販売されるだろう」と予測しています。また製造メーカーとしてはInventecだけでなくFoxconnも参入する噂もありますね。とにかく、発売時期がそう遠くないことだけは確か。

報道を信じれば、HomePodは2018年のうちに1000〜1200万台が出荷されるそうです。個人的には、ぜひぜひ日本でも年内に販売がスタートすることを期待したいですね。Siriさんは日本語も話せるし、問題はない…ですよね?

Image: Apple
Source: Taipei Times via 9to5Mac, Inventec, Foxconn

(塚本直樹)