Google HomeなどによるWi-Fi不具合、明日から修正アップデート開始。AndroidのCast機能バグが原因
先日から大きな話題となっているGoogle HomeやChromecastを使用するとWi-Fiが不安定になる問題ですが、Google Homeのサポートページに既知の問題として取り上げられました。1月18日(米国時間)にGoogle Play開発者サービスの更新で対応するとのことです。
Google HomeやChromecastの使用でWi-Fiが切れるなどの不具合。ルーターメーカー各社がファームウェア更新


この問題は、Google HomeやChromecastをWi-Fiネットワークに接続すると、一部のWi-FiルーターでWi-Fiが不安定になったり、インターネットに接続できなくなるといった不具合が発生する、というもの。

サポートページの内容によると、Android端末とGoogle HomeやChromecastなどのGoogle Cast対応デバイスを同じWi-Fiネットワークに接続した場合、AndroidのCast機能の不具合により大量のネットワークトラフィックが発生し、Wi-Fiネットワークが遅くなるなどの影響を受けるのが原因。

また要因としては大量のトラフィックであるため、どのような影響があらわれるかはルーターによって異なるとしています。

Android端末のGoogle Play開発者サービスをアップデートすることで問題は解決するようですが、いつもの通りならアップデートが行き渡るまでに数日はかかるものと思います。

これはルーター側のファームウェアでも対処できる問題のため、一部のルーターは既に対策ファームウェアを公開しています。もしこの問題の影響を受けているのであれば、まずはルーターメーカーから対策ファームウェアが出ていないか確認してみることをお勧めします。

また、Google Play開発者サービスのベータ版(Ver.11.9.73)で問題が解消されたとの話もあるため、早急な解決が必要な方は、試してみる価値はあるかもしれません。