画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは1月17日(現地時間)、機械学習やAIのリソースが限られた環境でも、高度な技術を活用して機械学習モデルを構築できるサービス「Cloud AutoML」を発表した。

その第1弾として、より速くかつ簡単に画像認識用の機械学習モデルを作成するサービス「Cloud AutoML Vision」の提供が開始された。

画像データのアップロードはドラッグ&ドロップで行え、機械学習モデルのトレーニングの管理も可能。トレーニング済みモデルは、Google Cloud上で直接デプロイすることができる。

Cloud AutoMLを利用することで、数分でシンプルなモデルを作成し、早ければ1日でAI対応のアプリケーションをテストし、公開することも可能だという。

同社は昨年、Google Cloud Machine Learning Engineの提供を開始したが、これにより、機械学習の専門知識を持つ開発者であれば、あらゆる種類やサイズのデータに対応した機械学習モデルを簡単に作成できるようになったとしている。

その一方で、機械学習やAIの進歩を十分に理解して活用できる人材やリソースを持っている企業は世界でも限られている。そこで、Cloud AutoMLが、十分な人材やリソースを持たない企業においてもパワフルなAIシステムを構築でき、さらには、AIエキスパートの生産性を高めたり、AI活用の幅を広げるツールとなったりすることを期待しているという。