大人気サッカーシミュレーションゲーム「ポケサカ」に“最高のキャプテン”ジェラードが再登場!

写真拡大 (全2枚)

 弊誌とコラボ企画も展開しているサッカーシミュレーションゲーム「ポケサカ」。
 
 シンプルに遊べるシステムと深い戦略性が融合したゲームとして人気を博しているが、さらにユーザーを夢中にさせている要素が、往年のレジェンドたちがゲームに登場することだろう。
 
  本日1月18日より再登場するのは、ダイナミックさと緻密さを兼ね備えたリバプールのレジェンドであり、2000年代のイングランド代表の中盤に不可欠な存在だったスティーブン・ジェラードだ。
 
 母国ではリバプールひと筋のキャリアを貫き通し、アメリカ大陸でもその熱いプレーを披露した彼は、いまだに多くのファンに愛され続けている。
 
 リバプールの下部組織で順調に成長を遂げていったジェラードは、ジェラール・ウリエ監督によって登用され、98年にブラックバーン戦でプロデビューを果たす。
 
 早くから、シュート、パスに非凡な才能を見せた彼は、一方で強烈なタックルによって相手からボールを奪い取る守備でも脚光を浴びた。
 
 3年目の2000-01シーズン、公式戦15試合でスタメン出場を果たし(出場数は46試合)、10得点を記録して、リバプールの3冠(FAカップ、リーグカップ、UEFAカップ)に貢献した。
 
 これで一気にチームでの存在感と価値を高め、それまで長くキャプテンであったサミ・ヒーピアから「ジェラード以上にリバプールのキャプテンに相応しい選手はいない」と評されたように、23歳のMFはクラブの象徴的存在となっていた。
 
 チェルシー、レアル・マドリーといったビッグクラブへの移籍の噂がたびたび付きまとったが、残留の意思を示すたびに、リバプールとの絆は強まっていった。
 
 2005年、ミランとのチャンピオンズ・リーグ決勝、リバプールに21年ぶりとなる欧州王者の称号をもたらしたが、3点ビハインドからの大逆転劇(PK戦勝利)のきっかけとなった渾身のヘディングシュートを決めたのは、誰よりもチームを愛していたジェラードだった。
 
 リーグ優勝には手が届きそうで届かず、代表でのタイトルにも縁がなかったが、それでもジェラードがファンにとって永遠に愛される最高のキャプテンだったことに変わりない。
 
 ジェラードの偉大な経歴については「レジェンドの軌跡 第9回」で特集しているので、その偉大な足跡を知ってほしい。
 
 ジェラードはすでに一度、ゲーム内に登場しているが、新規ユーザーや参加できなかったユーザーからの復活を望む声に応えるべく、今回、再びポケサカに帰ってきた。熱いプレーで周りを鼓舞する彼をチームに加えることができれば、チームを勝利に導いてくれるはずだ!
 
 今後も数々のレジェンドプレーヤーが登場するポケサカでは、過去に登場した選手が再登場することもあるので、このチャンスに新規ユーザーもチーム強化に取り組もう!

戦略サッカーシミレーションの決定版! ポケサカに”レジェンド”たちが登場

ユーザー自身がオーナーとなって理想のサッカークラブを作り上げる、スマートフォン用育成シミュレーションゲーム「ポケサカ」(対応OSはiOS、Android、端末対応はKindleFire)。今回はリバプールのレジェンド、ジェラードが再登場。「ジェラードカップ」にエントリーして、「イングランド版ジェラード」を手に入れよう。詳細はアプリ内お知らせでチェック!!
 
公式HP:
公式twitter:
 
  APP storeからダウンロード

  Google playからダウンロード

  KindleFireでダウンロード