東京スカイツリーで「皆既月食&ブルームーン」天体観測イベント、地上450mから望む天体ショー

写真拡大

東京スカイツリーのある東京スカイツリータウンで、「東京スカイツリー皆既月食&ブルームーン 天体観測イベント Supported by Vixen」が2018年1月31日(水)に開催される。

「皆既月食」とは、地球が太陽と月の間に入り地球の影が月にかかることによって、月全体が隠れて赤銅色に見える現状のこと。そして「ブルームーン」は、ひと月のうちに2回目の満月が現れる現象を差す。「皆既月食」と「ブルームーン」が重なるとても稀。そんな貴重な“天体ショー”が1月31日(水)に楽しめることが発表された。

東京スカイツリーは当日、「皆既月食」と「ブルームーン」の観測イベントを企画。地上450メートルの東京スカイツリー天望回廊や東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナにて「ビクセン」の天体望遠鏡を使いながら月を観測することができる。

展望台では東京の夜景に浮かぶダイナミックな月を、スカイアリーナからは東京スカイツリーと月の共演を、それぞれ別の角度から楽しむことができる。イベント中は天望回廊の際入場が何度でも可能なので、地上からの月と比べて鑑賞するのもおすすめだ。

【イベント詳細】
「東京スカイツリー皆既月食&ブルームーン 天体観測イベント Supported by Vixen」
開催日時:2018年1月31日(水)20:45〜22:30(最終入場は22:00)
会場:東京スカイツリー天望回廊
住所:東京都墨田区押上1丁目1-2
料金:無料
※別途、天望デッキおよび天望回廊の入場料金が必要。
※当日もしくは事前購入で1月31日(水)有効の天望回廊までのチケットを持参の方に限り、20:30〜22:00までの間再入場が可能。
※1月31日(水)に限り、当日券の販売は21:30まで。
※気象条件や日時により、月を観測できない場合があり。
※荒天時も実施。
※展望台への天体望遠鏡等の持ち込みは不可。
※混雑時は、手持ちのスマートフォンで撮影する人数を制限する場合あり。

【問い合わせ先】
東京スカイツリーコールセンター
TEL:0570-55-0634
東京ソラマチコールセンター
TEL:0570-55-0102


[写真付きで読む]東京スカイツリーで「皆既月食&ブルームーン」天体観測イベント、地上450mから望む天体ショー

外部サイト

  • 「PLAY!スペースインベーダー展」開催、六本木ヒルズ展望台のガラス面に投影されたインベーダーを撃退
  • 「空フェス カウントダウン・スペシャル」池袋サンシャインシティ“体感する展望台”で年越しイベント
  • アクアシティお台場のクリスマス - 雪の結晶が踊るスケートリンクや、夜景と楽しむイルミネーション