「オン」を充実させるオフとアウェイの過ごし方 | 出井伸之

写真拡大 (全3枚)

人生は岐路の連続。最良の選択でチャンスを呼び込むためには、自身と深く対話し、自分の中にある幸せの価値観を知ることが重要である。この連載は、岐路に立つ人々に出井伸之が送る人生のナビゲーション。アルファベット順にキーワードを掲げ、出井流のHow toを伝授する。

今回は、K=Karuizawa(軽井沢)とKyoto(京都)について(以下、出井伸之氏談)。

私は、東京・世田谷の成城で生まれ育った。幼少の頃から現在まで、東京の他に頻繁に訪れている場所がある。最近いくつかのインタビューで話して改めて、私はホームとアウェイを行き来することで自分の中のオンオフを上手く切り替えているのだと思った。

”オン”の地は、仕事と生活の中心でオフィスと自宅があるホームの東京。そして”オフ”になれるのが、安らぎと愉しみのアウェイの地。今回は、日本に2つあるこのアウェイについて話したい。

自分を見つめなおす最高の場所

アウェイの一つは、第二の故郷ともいえる軽井沢だ。そこには私が生まれる前から別荘があり、学生時代は毎年、そこで東京とは全く違う夏を過ごしていた。

父が早稲田大学の教授だったこともあり、別荘は学者や教授が多く住んでいる南原地区にある。この村の別荘に住む人たちには長年にわたる慣習がある。例えば、勉強や研究の時間を大切にするため、午前中はお互いに訪問しない。家と家の間に塀を作らない。そして、次世代を担う子どもたちは地域全体で育てる。この地でみんなが気持ちよく過ごすために、これらのルールが自然に存在していた。

村の子どもたちを大切にするための年間行事がこれまた楽しい。夏の星空を見る会、肝だめし、運動会、キャンプなど、もう何世代も続いていて、ここの地域コミュニティは大家族のようだ。私で2世代目、孫で4世代目になる。

いつも軽井沢に行くと学生時代にタイムスリップした気分になる。当時は、上野駅から蒸気機関車に揺られ、山を登り、トンネルを抜けて沓掛駅(現在の中軽井沢駅)まで長い列車の旅だった。成城からチッキ(鉄道で荷物を輸送すること)で自転車を先に運んでおき、沓掛駅で受け取り、そこから軽井沢の家まで山道を走った。

視界に溢れる自然の緑、リスや猿など森の動物たち……東京とは別世界だ。鳥の声で目覚め、勉強して、音楽を聴き、テニスをして、心ゆくまで土地と時間を満喫することができる。



やがて夏が終わる頃に「また来年ね」と親戚同様の友人たちをトンネルまで送っていく。そういう月日を重ねて大きくなっていった。

一時、オリンピック(1964年)に伴い新幹線構想が発表され、北陸地方への誘致が高まった頃は、軽井沢の自然と思い出が破壊されてしまう気がして、みなで木々に名前をつけて伐採させないよう猛反対したこともあった。

しかし、時は流れ、工事は進んで1997年に北陸新幹線が開通。現在は東京から1時間という利便を得て、有り難いことに私は毎週末通うほど身近なオフの場所となっている。

交わることのないコミュニティ

軽井沢には20以上の美術館があり、いつでも芸術に触れることができるのも嬉しい。美味しい飲食店も多く、それも私の愉しみの一つだ。アートと食の感性は似ていると思う。

冬は人の足が遠のくのだが、シェフは何故かこぞってこの地に出店したがる。軽井沢には文化芸術に関わる人が多く集まり、それらの人々が食にもうるさいから、ここで勝負に出るそうだ。私は、OGOSSO、RIPOSSO、無限、ベンソン、厨、ASANOYA、Petersなどの店に通っている。

水の美味しい長野だから野菜も美味しい。この土地の恵みを味わえることがとても嬉しく、実は軽井沢では一人で買い物に行くし、自炊もよくする。

これまで軽井沢という場所は、3つの層で成り立ってきた。地元の人たち、魅力に誘われ移住した人たち、夏だけくる別荘族。これらは繋がっているようで繋がっていないユニークなコミュニティだ。

最近は4層目として、アウトレットなどを目的に来る人たちが増えている。駅やモールでは中国語のアナウンスも流れ、レストランメニューにも日中言語が併記されている。自然を愛し勉強するために夏に来ていた人や文豪らは村から少しづついなくなって、今はショートステイの街になりつつある。

街は時代と共に変化しているが、私の心の故郷の軽井沢であることに変わりはない。緑溢れる森の中で一人自分を見つめ直すことのできる大切な場所、アウェイで”オフ”になれる最高の場所だと思っている。

自分の好奇心と向き合える大切な時間

もう一つ、過ごした時間に比例して人や文化との関わりが濃くなる京都も、私にとって大切なアウェイの地だ。



ソニーを辞めてから、私は何人かの京都人と知り合った。立石さんご夫妻、華道家元の池坊さん御一家、斎藤茂さんなどと深いお付き合いをさせていただいている。また、オムロン、京セラ、大日本スクリーン、ニチコン、任天堂、GLMなどとビジネスで関わりがある。

現在、毎月京都を訪れるきっかけとなっている斎藤茂さんは、ゲームソフト会社トーセの会長だ。プレイステーションのゲームソフト開発関連で知り合い、お互いゴルフと美味しいものが好きということもあり、すぐに意気投合した。今では家族ぐるみのお付き合いになっている。「G」のグルメの記事でも書いた、日本屈指の料理人が期間限定で立つ非公開のお店も斎藤さんの繋がりだ。

京都は人と人の繋がりが強い。受け入れてもらうまでには時間がかかるが、そのあとは深く長い付き合いになることが多い。「京都には見えない壁がある」とも言われるが、それは長い歴史を伴う伝統やしきたりを守るがゆえ。一旦心を分かち合い、壁の中に入ることができると一変する。

京都に魅力を感じるもう一つの理由は、この土地が持つタイムスリップの力だ。京都に入ると空気が変わる気がする。言葉や街並みすべてに古都の名残りがあり、別時代に来たような気分になる。彬子女王さまの著書「京都ものがたりの道」にあるように、一つ一つの道に時の流れがあり、今も歴史が息づいている。

そんな京都が「シルクロード」と関連があることに、昔から私はとても興味を持っている。毎年7月に行われる祇園祭に行くと、アラビア諸国、インド、中国、韓国から日本へ辿り着いた文化の流れを感じることができる。

シルクロードを旅した海外の人から持ち込まれた勾玉や絹、楽器や食べ物。なぜ日本にこれらを持ってきたのか、極東の国に何を求め持ち帰ったのか、それが現在各国でどのように作用しているのか……一人で街を歩きながら想像を巡らせるのが好きだ。

歴史上の謎めいた魅力を持ち続けている街。それが京都であり、日本の故郷だ。私は友人に「京都行くときはパスポートを持たないと」と冗談で言っている。海外の国のような魅力とタイムスリップして時をさかのぼるような体験ができる。ホームと違う空気が味わえる”オフ”の場所だ。

オンの質を高めるために重要なこと

私は、アウェイで過ごすオフの時間をつくり、大切にするからこそ、ホームでのオンがより一層充実し、新しいものを生み出していけるのだと思う。オンの質を高めるためには、オフが必要なのだ。

私の経験から言うと、一人になってみることがとても大切だと思う。自分自身について深く考えたり、普段しないことを一人でしてみたり、一人だからこそ新しい人と知り合えたり。こうしたオフの要素が、やがて2倍3倍にもなってオンに表れる。

このコラムを読んでくださっている皆さんも、きっと何かしら心がオフになる時間や場所を持っているでしょう。オフの要素をオンの質に上手く活かせることが自分自身の成長にに繋がっていくのです。