画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムは1月18日、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年12月度)」の結果を発表した。調査期間は2017年12月28日〜2018年1月4日、有効回答は15歳〜69歳の個人1,100人。

○ビットコイン、5.6%が「所持している」

インターネット上で使える仮想通貨のビットコインを、「所持している」人は5.6%、「知っているが、所持していない」人は43.7%で、認知度は49.3%。「名前だけは聞いたことがあるがよく知らない」は38.5%、「全く知らなかった」は12.2%だった。男女別では、男性57.4%、女性41.2%と、男性の方が約16ポイント高かった。

現在、ビットコインを所持していない人のうち、今後ビットコインを利用してみたいと回答した割合は、10代35.6%、20代25.7%、30代17.1%、40代12.0%、50代7.7%、60代3.0%と、若年層ほど利用意欲が高かった。

2017年12月に各ECモールで開催されたセールの認知度を調べると、「楽天スーパーSALE」が50.3%と最も多く、次いで「Amazonサイバーマンデーセール」が44.3%、「Yahoo!ショッピング年末プレミアム会員セール」が25.0%と続いた。セール中に買い物をした割合は、「楽天スーパーSALE」が37.3%、「Yahoo!ショッピング年末プレミアム会員セール」が32.7%、「Amazonサイバーマンデーセール」が25.1%となった。

ECでの買い物中、リアルタイムに出品者に質問やコメントを送ったり、他の視聴者の反応を見たりすることができる「ライブコマース」について、「知っていて、視聴したことがある」人は8.5%、「知っているが、視聴したことはない」人は20.9%で、認知度は29.4%だった。