ジョコビッチ、「全豪オープン」復帰は新たなサーブと共に

写真拡大

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアンドレ・アガシから一部着想を得た新たなサービスモーションと、痛みを抱えていた右肘に自信を付けて共に6か月のツアーオフから復帰し、「全豪オープン」に出場。第14シードで、数試合のエキシビションマッチの後、ドナルド・ヤング(アメリカ)との初戦に快勝し、ガエル・モンフィス(フランス)との二回戦に挑む。

ジョコビッチ以上に「全豪オープン」のタイトルを獲得した者はいない。というのもジョコビッチは「全豪オープン」のタイトルを6個保持し、昨年の衝撃的な第2回戦での退場まで2011年〜2016年の6大会のうち、5大会を制しているからだ。

12個のメジャータイトルを持つジョコビッチは、世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)や、世界ランク5位のドミニク・ティーム(オーストリア)、6か月の左ひざの手術からメルボルンパークで復帰する2014年大会チャンピオンのスタン・ワウリンカ(スイス)と同じクオーターにいる。

彼らは全員、昨年長引く怪我から復帰し、「全豪オープン」ファイナルでラファエル・ナダル(スペイン)を破ったロジャー・フェデラー(スイス)と同じ側のドローに位置する。フェデラーは「ウィンブルドン」で自身19個目となるメジャータイトルを獲得し、世界ランク2位と「全仏オープン」と「全米オープン」のタイトルを獲得したナダルの次につけた。

これがジョコビッチに希望を与えている。
「つまり、ロジャーとラファエル、特にロジャーの場合は去年、年齢が単なる数字に過ぎないことを教えてくれたよ」とジョコビッチは土曜日、トーナメント前の記者会見で話した。「つまり、彼は自分自身を管理し、ここぞという時に備えて全力を出す方法を知っている素晴らしい選手の例ということさ」。

「彼はグランドスラムをいくつも制した。6か月の離脱の後にタイトルを獲得するなんて誰が予想できただろうか...つまり、本当にどんなことも可能ということさ」。

ジョコビッチは昨年リハビリで「全米オープン」への出場を逃すまで、51試合連続でグランドスラムを戦った。

30歳のセルビア人であるジョコビッチは、コート外では彼の妻であるジェレナが2人目の子どもとなる娘のタラを9月に出産した時も含め、他と変わらない家族との生活を楽しんだと話した。

コート上ではコーチであるアガシやラデク・ステパネクと緊密に話し合い、テクニックに磨きをかけ、「負傷をしたことから、明らかに取り組まなければならなかった肘からの負担をなくすため」サービスモーションを修正することに時間をかけた。今はより小ぶりでコンパクトなモーションとなり、ジョコビッチは今週初めのエキシビションマッチでのティームへの勝利で、その効果に満足している。

「完全に違うというわけではないけど、まずこうした小さな微調整や変化は精神的に大きな違いをもたらしたよ」と彼は語った。「この変化に慣れて、それが自分にとって良いのか悪いのかを理解する時間が必要だった。アガシは選手時代の負傷が原因でサービスモーションを変更しなければならず、ジョコビッチのために再度デザインしなおしたんだ」。

「ラデクとアンドレは僕に情報を与える前に十分に議論した」とジョコビッチは語った。「彼らは僕のサーブの分析に何時間もかけた。僕もそうしたよ」。

ジョコビッチは自身の肘は100%治癒したわけではないと話したものの、専門医から全豪オープンでプレーしてもこれ以上のダメージはないとの確信を得た。

「全豪オープン」では主要な選手の怪我が注目の的となってきた。ナダルは長引く右膝の痛みから復帰し、5度のファイナリストであるアンディ・マレー(イギリス)と錦織圭(日本/日清食品)は既に欠場を決めている。

一方、ここ数カ月で「Nitto ATPファイナルズ」の優勝者であるグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とズベレフはそれぞれ世界ランク3位と4位につけ、グランドスラムで躍進する筆頭候補であるとの自信を増している。

ディミトロフは昨年準決勝でナダルに敗れたときよりも成長したと話した。ズベレフは第2週目に突き進み、自身初となるメジャータイトルの獲得を目指す。

「ここ1年で僕は何度も世界のベストプレイヤーたちと対戦し、破ることができるとを示してきた」とズベレフは語った。「自信過剰とかいうことを見せつけようとしているのではなく、僕は常に切磋琢磨し、常にグランドスラムでのパフォーマンスを良くしようとしてきたとこれまで言ってきた。『全豪オープン』でそうできるように願っている」。

ナダルは「Nitto ATPファイナルズ」から離脱し、「全豪オープン」前の前哨戦トーナメントに参加しなかった。
「公式戦でプレーせずにここにいるのは初めてだよ」とナダルは語った。「でも気分は良いよ。本当に準備ができたと信じている。上手くプレーできると感じているよ」。

ナダルの選手生活は定期的に負傷によって妨げられてきたが、彼は直近の一連の負傷を受け、更に徹底的なテニススケジュールの精査の必要性を実感している。
「ツアーでは負傷が多すぎた。僕に限ったことではないけど、現状を直視する人が必要だ」とナダルは語った。「何かが起こったときは、その理由を分析しないといけない」。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」大会3日目、練習中のノバク・ジョコビッチ
(Photo by James D. Morgan/Getty Images)