ブリヂストンとボール使用契約を結んだレクシー・トンプソン(撮影:GettyImages)

写真拡大

昨年の米女子ツアーポイントレース女王でドライビングディスタンス3位(273.79ヤード)のレクシー・トンプソン(米国)が、ブリヂストンスポーツとのボール使用契約を締結した。契約は複数年、世界の飛ばし屋が選んだのは米国でも人気の高いモデルだ。
【関連写真】悲劇…レクシー・トンプソン、罰打のシーンを検証
2016年の「ワールドレディスサロンパスカップ」で初来日した際には、すでに同社のボールを使っていたレクシー。「ボールに求めるのは飛距離、正確性、打感」と、そのわがままをすべて満たしたのが同社の「BRIDGESTONE GOLF TOUR B X」だという。
「ティショットで周囲に負けない飛距離、でもグリーン周りのパフォーマンスも優れている。自信を持ってショットできる」と惚れ込んだボールで、今季はさらなる飛躍を目指す。「ボールとレクシーのイメージが合った。日米で『強い』イメージを背負ってほしい」と、日米で人気を誇るレクシーに期待を寄せる。
昨年は米女子ツアーで2勝を挙げたが、大きな忘れ物もある。つかみ損ねたメジャー2勝目だ。4月の「ANAインスピレーション」で、最終日プレー中に前日のペナルティを言い渡されるハプニングで首位から陥落。惜しくも勝利を逃した。今季、メジャー取りに燃えるレクシーをボールが後押ししてくれることになる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

よく聞かれる韓国人の強さ…私はレクシーの考えに同感です【キム・ハヌルコラム第67回】
レクシーの悲劇は繰り返さない ペナルティ疑惑を一蹴したマスターズの英断
タイガー・ウッズも擁護 レクシーへの罰打にプロゴルファーが反応
タイガー・ウッズと、レクシー・トンプソン 新旧“米国のスター”に共通する必要条件
BSの新ボール『TOUR B X/XS』は何が変わったのか?