ロナウジーニョ“惜別の極上プレー動画”をバルサが公開 ファンも感動「天性の魔術師」

写真拡大

バルサ時代の「最も唖然とさせるプレー」を公式YouTubeチャンネルに投稿

 元ブラジル代表MFロナウジーニョの現役引退が正式発表された。

 かつてのチームメイトや所属クラブ、サッカー連盟などが希代のクラッキに惜別のメッセージを送っているが、キャリア全盛期を過ごしたバルセロナも公式YouTubeチャンネルに「ロナウジーニョの最も唖然とさせるプレー」と題した動画を公開している。

 ロナウジーニョは2003年にパリ・サンジェルマンからバルサに移籍。5シーズンの在籍でリーグ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回、2005年にはバロンドールに輝くなど栄華を極めた。スペインの名門はロナウジーニョのキャリアを語る上で欠かせないクラブだが、16日に現役引退の正式発表がされたのを受けて、クラブ公式YouTubeチャンネルにバルサ時代のスーパープレー集を投稿した。

 2分15秒に渡る映像では、ノールックパスに始まり、背中でのパス、右足アウトサイドでボールを外側に持ち出し、すぐさま右足インサイドで内側に切り返す代名詞の“エラシコ”、“マルセイユルーレット”、片足でボールを浮かせて相手の頭上を抜く“シャペウ”など、高等テクニックが数多く収録されている。まるで足に吸い付くかのようにボールを変幻自在に操り、対峙した選手を次々と手玉に取っていく様は、実に痛快だ。

 スーパープレーが満載のこの動画には、ファンも大興奮。「私の最初のアイドル。ありがとうロナウジーニョ!」「天性の魔術師」「本当にフットボールを愛した男」「最高のサッカー技術」と絶賛と感謝をするものから、「メッシより上」と現代最高の選手と呼ばれるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ以上の存在だと、称えるものまで多岐に渡った。

 驚異的なテクニックと最高の笑顔で誰からも愛されたロナウジーニョ。天才アタッカーはサッカー界に鮮烈なインパクトを残し、色褪せることのない美しい記憶をファンの脳裏に焼き付けた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images