男らしい細マッチョボディになると意気込んだのはいいものの、いつも3日坊主で終わってしまうというあなた。常に根性だけで続けられるほどボディメイキングは甘くないもの。そこでいつも意思が続かないあなたのため、ボディメイキングを長続きさせるコツについて紹介しましょう。

男の場合、形からではなく物から入る

よく物事は形から入るべきだといわれますが、ボディメイキングにおいてはまず物から入ることをおすすめします。というのも形から入ったとき、つまりとりあえず自宅でトレーニングを行った場合、飽きて中断するとそこには何も残らないので、ボディメイキングへの情熱がすぐに途絶えてしまう場合が多いのです。しかしダンベルにバーベルなど各種トレーニングツールを用意しておくと、ふと飽きてしまったときでもトレーニングツールがふと目に入るので、嫌でも"これらを有効活用しないと"という切迫感を伴うようになり、モチベーションの再起に繋げることができます。とりあえずはトレーニングツールを準備してから入り、用意したトレーニングツールはいつも目に見える場所に置いておくことをおすすめします。

入浴のためだけにでもトレーニングジムに通う

トップアスリートでもないわたしたちが常に高レベルのトレーニングを行う必要はありません。誰にだって「今日は休みたい」と思う日もあります。そんなときは思い切り手を抜いて、トレーニングレベルを下げたり、量を減らしたりするのは大いに構いません。しかしトレーニングに手を抜くにしても、なるべく毎回ジムに通うよう心がけておきたいところです。というのもジムにはボディメイキングへの意識の高い人達で賑わっており、嫌でも"ライバル"を目にすることになります。男性はライバルのトレーニング状況に大きな影響を受けることがアメリカの研究で明らかとされています。ジムでトレーニングを行っているライバルを目にすることで、たるんだあなたのモチベーションを再燃させてくれることでしょう。

フラストレーションは適宜開放する

どんな人も休息なしにモチベーションを維持することなんて不可能です。時には日々頑張っているトレーニングも食事制限も中断し、溜まったフラストレーションは開放してあげるべきです。例えば一週間に一度や二度はトレーニングを止めて家でゴロゴロするなり、週末の夜には好きなものを好きなだけ食べるなど。実際ボディメイキングのプロでもチートデイを設けて大量のカロリーを摂取している人は多くいます。あまり真面目すぎる姿勢もボディメイキングの継続においてはナンセンスというもの。時にはボディメイキングを頑張る中でたまりに溜まったフラストレーションを解放してあげる心がけも必要なのです。


writer:サプリ編集部