ボギー発進の石川遼、ここから巻き返しを図る(写真は練習日)(撮影:村上航)

写真拡大

<SMBCシンガポールオープン 初日◇18日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
アジアと日本の共同主管で行われる国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」が開幕。6年ぶりに国内ツアー本格復帰となる石川遼はスタートホールをボギーとしてコースへと飛び出した。
【連続写真】スイング改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
石川と同組の昨年のマスターズ覇者セルヒオ・ガルシア(スペイン)はパー。同じく同組の「リオデジャネイロ五輪」にも出場したマレーシアのホープであるガビン・グリーンも1ホール目をパーとしている。
昨季の賞金王・宮里優作はパー発進。その他、岩田寛が2ホール目でバーディを奪い、トップタイに立っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
2018年初陣の石川遼、シンガポールのファンに「最高のゴルフを見せたい」
石川遼が新選手会長に就任「日本ゴルフ界のために全力を尽くす」
【辻にぃスイング見聞】マスターズ覇者との共通点 B・ヘンダーソンの手元がスゴイ
【注目選手スイング解説】賞金王・宮里優作は細い軸で回転できる筋力がスゴイ