画像提供:マイナビニュース

写真拡大

VAIOは18日、第8世代Intel Core搭載の13.3型ノートPC「VAIO S13」および11.6型ノートPC「VAIO S11」のプレミアムエディション「ALL BLACK EDITION」を発表した。ロゴやヒンジ背面にブラックカラーを採用した高性能モデルとなっている。

個人向け標準仕様モデルは、1月26日に発売開始。価格はオープンで、店頭予想価格は、13.3型モデル「VAIO S13 | ALL BLACK EDITION」、11.6型モデル「VAIO S11 | ALL BLACK EDITION」ともに税別237,800円前後。

現行の「VAIO S13」「VAIO S11」からデザインやインタフェースなどは変更ないが、通常はシルバーとなる天板ロゴやヒンジ背面(オーナメント)が、ブラックカラーで彩られている。性能も高く、第8世代Intel Core i7搭載モデルのみラインナップし、独自チューニング技術「VAIO TruePerformance」も適用されている。

VAIO TruePerformanceは、同社が独自に施したパフォーマンス向上のチューニング技術。インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応CPUでは、アイドル時に負荷の高い作業を行うと、一時的に放熱能力を超えた最大パフォーマンスを出し、その後持続可能なパフォーマンスに落ち着く。VAIO TruePerformanceは、この持続可能なパフォーマンスを通常時より高め、継続的に性能を高めたままPCを稼働させることができる。

なお、VAIO TruePerformanceの適用にともない、電源の強化や、CPUパッケージパワーのリミット値の調整、放熱用ヒートパイプの熱輸送力および放熱用フィンの熱交換率の向上などが図られている。この関係で、現行モデルと比べ重量が10g増加し、仕様上のバッテリ駆動時間が30分〜1時間程度短くなった。

○VAIO S13 | ALL BLACK EDITION

「VAIO S13 | ALL BLACK EDITION」個人向け標準仕様モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8550U(1.80GHz)、メモリが8GB、ストレージが第三世代ハイスピードSSD 256GB、グラフィックスがIntel UHD Graphics 620(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド(1,920×1,080ドット、アンチグレア)、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

インタフェースはUSB 3.0×3、HDMI×1、D-Sub×1など。通信は11ac無線LANやBluetooth 4.1に加え、3GやLTEにも対応し、マイクロSIM対応スロットを設ける。バッテリ駆動時間は約12.0時間。本体サイズはW320.4×H15.0〜17.9×奥行216.6mm、重量は約1.07kg。Office Home & Business 2016 Office 365 Soloが付属する。

○VAIO S11 | ALL BLACK EDITION

「VAIO S11 | ALL BLACK EDITION」個人向け標準仕様モデルの主な仕様は上記の13.3型モデルに準じるが、ディスプレイサイズが11.6型ワイドとなる。バッテリ駆動時間は約15.0時間。本体サイズはW283.4×H15.0〜17.9×D195.5mm、重量は約870g。