画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは2018年1月16日(米国時間)、「Expanding our global infrastructure with new regions and subsea cables」において、同社が進めているインフラストラクチャの拡大の一環として、5つのリージョンを追加および3つの海底ケーブルを新設すると発表した。Googleはこの3年間で300億米ドルをインフラストラクチャへ投資してきたが、インフラストラクチャへの投資はまだ終わっておらず今後も継続して取り組んでいくとしている。

Googleが2019年に新たに敷設を発注するとした3つの海底ケーブルは次のとおり。

Curie - チリとロサンジェルスを接続するプライベートケーブル

Havfrue - 米国とデンマーク/アイルランドを接続するコンソーシアムケーブル

Hong Kong-Guam Cable system (HK-G) - アジアの主要な海底通信ハブを相互接続するコンソーシアムケーブル

Googleは、こうしたインフラストラクチャへの投資を通じて同社のクラウドサービスの優位性を高めることを狙っていると見られる。また同社のネットワークが、100カ所以上を接続する光ファイバーケーブル/海底ケーブル、7500を超えるエッジノードロケーション、90を超えるクラウドCDNロケーション、47の専用インターコネクトロケーション、15のGCPリージョンで構築されており、優れたパフォーマンスを発揮していると説明している。