2006年の今日、東京証券取引所はライブドアの粉飾決算に関する報道があったとして、ライブドア株式の売買を一時停止しました。それにともない、東証への売買注文が急増し、システム処理の継続に支障が生じるとして、売買取引を全面停止しました。インターネット関連企業が急成長するなかで起きたこの事件は、インターネット取引システムそのものにも影響を与え、社会的にも大きな影響を与えました。

出典:「INTERNET Watch」2006年01月18日付記事
『東証が売買取引を全面停止、“ライブドアショック”で処理能力限界に』

▼「TIMEMAP」で深読み
『ライブドア』と『東証』の足跡をたどる


「今日は何の日」について(インプレスグループ創設25周年企画)

「今日は何の日」は、INTERNET Watchのバックナンバーから、今日という日付に起きた注目すべきニュースを取り上げて解説するシリーズコンテンツです。一般社団法人タイムマップの時系検索エンジン「TIMEMAP」の協力で実現しました。(時限企画:2018年3月まで)