社内の派閥抗争 絶対損しない道の選び方

写真拡大

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言がある。賢き先人たちは、古典の知恵に学び、ピンチを切り抜けてきた。雑誌「プレジデント」(2017年5月29日号)では、戦略書の古典「孫子」の特集を組んだ。今回は特集から、経営戦略コンサルタントの鈴木博毅氏による「派閥争い」についての考察を紹介しよう――。

■会社にとってどれがよいかで決断すべき

----------

Q.派閥争いが激しくなり、社内がギスギスしている状況で、部下から社内の人間関係の悩みを相談されたが、うかつに答えると、派閥抗争に巻き込まれ、やぶ蛇になりかねない。強いほうに付くべきか、正しいほうに付くべきか。

----------

A.鈴木博毅さんの回答

派閥抗争に巻き込まれそうなときに、強いほうに付くか、世話になったほうに付くか、旗幟を不鮮明にしておくかの3択だとすると、会社で生き残るならば、強いほうに付くのが正しいでしょう。

『孫子』の思想は『負ける勝負はどんなに美しく見えても絶対にしない』です。得てして日本人は生き残りに執着せず、負けるとわかっている勝負にあえて挑むことを美化する風潮があります。

しかし、自分が犠牲になってとか、自分が我慢すればというのはレベルの低い判断です。美学で判断するしかないところまで追い詰められてしまったのは、事前の準備や前段階でリカバリーすべき問題を解決しなかった結果です。

美学で判断した行動というのはマイナスが大きいもの。先手先手を打ち、美学を発揮しなくても生きていける選択をすることが大切なのです。

このケースで本当に望ましいのは「強いほうに付く」でも「正しいほうに付く」でもなく、会社にとってどれがよいかで決断することです。智者の慮(りょ)は必ず利害に雑(まじ)うとは、必ず利益と損失の両面から物事を考えるということです。選択肢の設定を変えて、別な角度から物事を眺めてみましょう。

会社の風向きはいつ変わるかわからないですし、数年後には違う勢力地図に変わるというのもよくあること。今、強いほうに付いていってもその先は袋小路かもしれません。

現状の勢力関係に囚われずに『あいつは常に会社全体に貢献する考え方をする人間だ』と認められたほうが、誰が上に就いても使ってもらいやすい立場になります。どの派閥に属しているかよりも、会社全体の利益を考える人間だと思われるような判断を優先すべきでしょう。

■デキる上司は部下に「3つの案」を授ける

さて、部下の相談に対する姿勢ですが、人間関係の悩みというのは、たいていの場合、その人間関係が永久に続くと思うから苦しいのです。1年後に配置替えがあるとわかっていれば、悩んだとしてもその悩みは小さいはずです。

まず、部下には1つの人間関係に囚われて会社全体のイメージや仕事にマイナスの考え方を抱かないように、会社にはいろんな世界が存在することを示す必要があります。

2つ目としては、揉めている2人の間に誰かもう1人入れる、あるいは別の仕事を増やすことによって、距離を離すことも大事です。

3番目に、客観的な第三者にも話を聞き、裏を取ることも必要です。

悩み相談も、人間関係そのものに焦点を当てるのではなく、悩みによって部下が能力を発揮できていないのであれば『能力を100%発揮させるためにはどうしたらよいか』という角度から解決策を考えたほうが、個人間の衝突を避けられると思います。

----------

鈴木博毅
1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。経営戦略コンサルタント。著書に『実践版 孫子の兵法』『「超」入門 失敗の本質』ほか。
 

----------

(MPS Consulting代表 鈴木 博毅 構成=遠藤 成)