いつもお仕事お疲れさまです。毎日仕事を頑張っていると、息詰まることも少なくありません。そんなとき「なんでうまくいかないのだろう……」と自分を責めたりしてはいませんか? ちょっとした気分転換の方法を知っているだけでも気持ちは随分ラクになりますよ。今回、仕事で息詰まったときにおすすめの気分転換方法をまとめました。

1. 甘い食べ物や飲み物をとる

チョコレートやグミ、カフェラテなど甘い食べ物や飲み物をとるとちょっとした気分転換になります。日頃から手軽に食べられるサイズのお菓子を持ち歩いておけば、出先などでも気軽にリフレッシュできます。お気に入りのマイボトルに好きな飲み物を入れて持ち歩くのもいいですよ。

2. 外の空気を吸いに行く

ほんの2〜3分でも構いません。外の空気を吸いに行くのも気分転換になります。時間に余裕がある場合は、オフィスの周りを少し散歩してみるのもいいかもしれません。頭がスッキリして、よりフラットな気持ちで仕事に取り組めるでしょう! 外に出られない場合は窓を開けるだけでもOK。
会社によっては、お昼の休憩以外は外に出られないケースもあるかと思います。そんなときは、オフィス内の窓を開けて換気するだけでもOKです。新鮮な空気を肌で感じるだけでも気分転換につながりますよ。

3. 休憩時間を利用して仮眠する

休憩時間を利用して仮眠するのも気分転換に最適です! 深い眠りにつくことができなくても大丈夫。目を閉じて眠りの体勢になるだけでもスッキリできますよ。周りの目が気になる方は、アイマスクやひざ掛け、仮眠用の枕などを使用するといいでしょう。

4. 呼吸を整える

体の力を抜いて呼吸を整えるのもおすすめです。口からゆっくりと息を吐いた後に、鼻から優しく息を吸ってみてださい。このとき、息をたくさん吸いすぎないことがポイントです。「もう少し吸えるかも」というところで止めてから、また息を吐いてください。この呼吸法を繰り返すと少しずつ気持ちが落ち着き、リラックスできるようになります。軽くストレッチを加えるのもGOOD!
可能であれば、手足を軽く動かすなどストレッチを加えてみてください。手を上にあげて腕を思いきり伸ばしてみたり、足を前に出してつま先をグーパーグーパーといったように動かしたりすれば、よりいい気分転換になるでしょう。

5. 同僚とたわいもない話をする

気兼ねなく話せる同僚と、たわいもない話をするのもいい気分転換になります。お昼の時間を使ってもいいですし、仕事中のちょっとしたコミュニケーションとして話すでもいいでしょう。息詰まってしまったことを話せなくても大丈夫! 何気ない話でもいいリフレッシュになりますよ。

まとめ

仕事で息詰まることは、それだけあなたが頑張っている証拠とも言えます。どうか自分自身を責めないてくださいね。今回ご紹介した方法を参考に、上手に気分転換して気持ちを切り替えていきましょう!