クレカでタッチ決済、銀行アプリで個人間送金……欧州のキャッシュレス事情

写真拡大

 電子マネーが百花繚乱の現在、「Suica」や「PASMO」といった交通機関系のものから、セブンイレブンの「nanaco」、docomoが提供する「iD」、JCBとイオンクレジットサービスが開発した「QUICPay」、「楽天Edy」など、その種類は増え続け、もはや日常生活に欠かせないものとなっている。

◆キオスクでもクレカで少額決済

 こうした電子マネーはあらかじめお金をチャージする「プリペイド式」と、利用後に銀行口座から引き落とされる「ポストペイ式」の2種類が存在する。いくつも利用し、そのたびに使い分けるのはやや面倒だが、昨年には電子マネーやクレジットカードをひとまとめに管理できる「Apple Pay」の国内サービスが開始されるなど、キャッシュレス化の波は確実に大きくなっている。

 しかし、日常的に利用していると意外にも思えるが、海外と比べると日本のキャッシュレス決済の比率はまだまだ低い。’15年の時点では電子マネー、デビット、クレジットカードでの決済比率は約19%にとどまっており、アメリカ(約41%)、韓国(約54%)、中国(約55%)の半分以下。東京オリンピックに向けて増える訪日外国人への対応や、フィンテックを推進するため、金融庁と経済産業省は’27年までにキャッシュレス決済の比率を40%までに引き上げることを打ち出している。

 では、海外でのお財布事情はいったいどのようになっているのか? 先日筆者が訪れた東西ヨーロッパの例を見てみよう。

 最初に訪れたのは東欧ポーランド。ワルシャワ空港から市内への移動には電車を使ったが、駅にあるどの券売機でもクレジットカードが利用できた。特にキャッシュレス決済の進歩を感じたのはクレジットカードのタッチ機能だ。日本と同じくICチップをリーダーに通しての決済も行われているが、磁気ストライプ使った支払いは飲食店や公共交通機関ではほとんど目にすることがない。

 長距離移動の際は窓口に並んで乗車券を購入したが、筆者のクレジットカードにタッチ機能がついていないことがわかると、露骨に迷惑そうな表情をされ、ゴソゴソ古いリーダーを出してもらうハメになった。

◆カード決済の比率が特に高い地域は?

 トラム(路面電車)などの公共交通機関でも、タッチ機能にしか対応していない券売機もあるので、クレジットカードが使えるからといって油断は禁物だ。そのほか、スーパーに行ってもタッチ、小さなキオスクでもタッチ、レストランでもタッチ……。この傾向は首都ワルシャワだけでなく、グダニスクなどの海沿いの都市や、トルンといった中規模な街でも同じだった。

 日本ではさまざまな電子マネーに対応したカードがあるが、そもそもクレジットカード1枚で済むなら、何枚もカードを持つ必要がない。便利なようでいて、実はかなり不便なのではないかと思わされた。

 こういったサービスは国内でもすでに開始されており、海外でも広く利用できる「VISA Pay Wave」はその代表例。日本国内のカードやおサイフケータイなどは「FeliCa」によって運用されているが、海外で普及しているのは「TypeA/B」という規格で、東京五輪に向けてこちらに対応したリーダーも増えていくことが予想される。

 一方、続いて訪れた西欧ドイツはというと、体感としてはポーランドに比べてクレジットカードの利用できる場所は限られるという印象。首都ベルリンでも小規模な飲食店では、カード決済を断られるケースが珍しくなかった。

 欧州中央銀行によれば、ドイツのカード決済の比率は19%(’16年時点)。隣国フランスは52.6%、ポーランドは56.5%なので、欧州内でもかなり低いようだ。ちなみにカード決済の比率が特に高いのは北欧で、フィンランドが62.8%、スウェーデンが66.3%となっており、在日ノルウェー人にも話を聞いてみると「ほとんど買い物はカードで済ませる」とのことだ。

◆スマホのカメラで個人間送金

 もうひとつキャッシュレス決済の普及を強く感じたのは、個人間送金アプリの利用だ。「割り勘アプリ」とも呼ばれ、日本国内でも「LINE Pay」、「Paymo」、「Kyash」などがサービスを開始している。在ポーランドの日系企業に勤める男性に話を聞くと、「飲み会ではカードで建て替えて、アプリで割り勘が当たり前」なんだとか。

「銀行が運用しているものが主で、直接口座に送金できるところが便利です。口座を開設する時点で『お客様番号』が与えられ、それがそのままアプリのアカウントナンバーになります。アプリ上で『口座情報を送る』ボタンを押すと、自動的にSMSに口座番号が表示され、あとは送信するだけ。受信した相手は自分が使っている銀行のアプリにその情報をコピペして、送金します」

 こういったアプリには、自動的にカメラが起動されてQRコードを読み取る機能も搭載されており、読み取った時点で入力やコピペせずに送金画面に飛ばされるというものも少なくないという。金額を確認し、暗証番号を入力するだけで送金できるという手軽さだ。筆者も現地で割り勘する場面に遭遇したが、こうしたアプリは持っておらず……。現金で払おうとしたが、「おつりがないからいいよ」とやんわり断られてしまった。

 日本国内でも銀行が運用するアプリはあるが、いったん電子マネーをチャージするなど、ダイレクトな個人間送金はできず。「何かするにもいちいちウェブサイトに飛ばされるから、そもそもアプリの意味がない(苦笑)」(在日アメリカ人男性)という辛口な声もある。

 とはいえ、今年1月からは富士通がみずほ、三井住友、三菱UFJ、三大メガバンクと個人間送金の実証実験を開始。クレジットカードのタッチ機能同様、こちらも東京五輪に向けて急ピッチで普及が進みそうだ。

<取材・文・撮影/林 泰人>

参照:https://www.ecb.europa.eu/press/pdf/pis/pis2016.pdf