パッチワーク可能な全身触覚スーツ(南山大提供)

写真拡大

 南山大学の野田聡人准教授と東京大学の増田祐一大学院生らは帝人と共同で、100個以上の振動子や体温センサー、発光ダイオード(LED)などを全身に配置できる「全身触覚ウエア」を開発した。ホラー映画中に肩をたたかれるような演出が可能になるほか、装着者は自由に動き回ることもできる。VR(仮想現実)ゲームやアトラクションなどに提案する。17日から東京ビッグサイトで始まるウエアラブルEXPOで発表する。

 ジャケットに帝人の導電糸を格子状に配線し、センサーや振動子に給電する。偏心モーターを利用した振動子で触覚が分かる。温度や加速度、受光素子などのセンサーも配置できる。振動デバイスは約3グラム、LEDデバイスが約2グラムと軽い。

 導電糸を介してデバイスの識別信号を送り、デバイスごとにオンオフを制御する。デバイス識別や通信にかかる時間は10ミリ秒以下と短く、着ている人が触覚提示の遅延を感じることはないという。

 毎秒100個以上のデバイスを制御できる。識別信号方式を採用したため、デバイスの制御数に制限がなくなった。

 帝人が配線布、南山大などがシステムを担当した。ウエアラブルスーツは装着するデバイスごとに配線すると製造で手間がかかり、着心地を損なう課題があった。

 配線布は通常の生地のようにデザイナーが衣服を作れる。装着者はセンサーや振動子の配置を自分の体格や肉付きに応じて変更できる。

 脱ぎ着が簡単で、着たまま動き回れる。加速度に応じて身体の部位に信号を送るなど、スポーツやVRアトラクションなどの用途を想定する。