楽天オーネットが行なった調査「第20回 新成人意識調査 2015年新成人の恋愛・結婚意識」によれば、若者の恋愛離れが進んでいると言う。交際相手がほしいという気持ちが、2000年の90.0%から2015年は62.6%と大幅に減少。3人に1人は、異性と交際したいと思っていないようだ。

若者が恋愛から離れているとは言うものの、2012年度に新語・流行語大賞にノミネートされた「街コン」を筆頭に恋愛に関するサービスが多く存在している。Webで検索してみると、プロポーズ手伝いや、ラブレター代筆屋なんてものまである。

ここ数年では、AI(人工知能)を使った恋愛に関するサービスも出てきている。「AI×恋愛」サービスには一体どのようなものがあるのだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

友達よりも頼りになる恋愛アドバイザー「オシエル」

2016年9月6日にNTTレゾナントが生み出したのが、恋愛の悩みにAIがアドバイスを提供してくれる「オシエル」。投稿された質問内容を理解し、同社が運営するQ&Aサイト「教えて!goo」が持つデータを活用して、最適な回答をしてくれるため、即座に的確なアドバイスを得ることができる。

回答までの手順は以下の通り。

1.過去3000万件のQ&Aデータを利用し、カテゴリごとに単語の意味合いを学習
2.回答全体ではなく回答の一部(一文レベル)と質問の関係を学習
3.マッチングが高い回答文集合を基にした文生成と、回答文間の組合わせ最適化により最終的な回答を生成

このAIは回答を「共感」「結論」「理由」「励まし」の4つの要素で構成しており、相談者の気持ちに寄り沿った回答をしてくれる。対人だと相手を傷つけないように遠回しにアドバイスをするなど、的確な回答がもらえないようなこともあるだろう。AIなら客観的にアドバイスをしてくれるので、本気度の高い場合こそ利用したいサービスだ。

自分の好みにあった相手をリコメンドしてくれるマッチングサービス

Facebookのフィードに流れてきた素敵な異性の写真をクリックしたら、出会いの手助けを行なうマッチングサービスだったなんて経験がある読者もいるのではないだろうか?

そんなマッチングサイトにもAIが導入されている。2017年に会員数が600万人、累計マッチング数が4300万組を超えた「Pairs(ペアーズ)」もその一つ。

「Pairs」にはユーザー同士の相性をパーセンテージで表示する特徴がある。この相性は趣味・嗜好など、共通点が多いユーザーほど高くなるように設定されているようだ。ユーザーの登録情報・居住地の近さ・ログイン時間など、さまざまな要素から似た部分があるユーザーを抽出し、検索結果画面の上位に表示される。これらのデータをAIが学習し、精度を上げてユーザーにリコメンドしている。

顔が好みではなくても、相性が良いと表示されていたら気になる人も多いだろう。実際に会ってみたら意気投合してそのままゴールインしてしまったと言うケースもあるかもしれない。AIの手助けによって、自分でも気付かなかった魅力が発見できるなんてことも。

恋愛相手は人間だけじゃない。AI搭載ロボットも対象となる時代に

上記のようにAIは恋愛をサポートしてくれる味方として大きく期待できる。最近では高度なAIを搭載したロボットなら結婚できるという議論がされるように、一部では恋愛対象としても期待されているようだ。

すでにAIを利用してアニメキャラクターとの会話が楽しめるというようなアプリケーションが登場しており、そのキャラクターに恋をしているというような話も耳にする。人間と同じ容姿をしたロボットで、自分好みの性格だったら恋愛に発展する可能性はさらに高まるだろう。

実際の人間同士であれば、いくら相性が良くても価値観の違いや感情によって喧嘩になるようなことがあっても、高度なAIを搭載した人型ロボットなら癒しや安心のみを与えてくれる理想の恋人になり得る。

恋愛対象になり得ることを含めて、2018年時点でAIが恋愛の手助けをしてくれるツールであることは間違いない。今後もデートプランを考えてくれるなどのサービスが誕生し、より恋愛が自動化されてくるだろう。恋愛にはある程度の積極性が必要だが、AIによる手助けがあれば恋愛離れの解消が期待できるのではないだろうか。

筆者: IoT Today