エリートとはフランス語のéliteが由来で、「選び抜かれた人」という意味だ。

東京大学出身、その後大学院を経て世界的IT企業のアメリカ本社への転職が決まっている亮介は、まさに世に言う”エリート”。

ビザ取得のため、日本に一時帰国している半年の間に、亮介は日本での婚活を決意する。

やり直そうと思っていた元カノの里緒の噂に一時は振り回されるものの、大事なのは今の自分の気持ちだと気がつき、里緒に思いを伝えようとする。

しかしそれを言う前に、里緒から過去の不倫の真相を語られるが、亮介は「気持ちは変わらない」と告白した。

里緒からの返事は…




「私は、あなたのそばにはいられない。」

ーいつかこの言葉を言ってしまったことを、後悔する日が来るだろうか?

そう思いながらも、私の意思は変わらなかった。

亮介といると、辛いことがあっても”この人がいるから大丈夫”と、強くなれた気がしていた 。けれど別れたあと、足元がぐらついてしまった。いつの間にか彼に依存し、一人でいることが怖くなっていたのだ。

こうして弱ってしまった私は、結果的に会社を辞めることになった。

人が信じられなくなり、しばらく社会復帰できずにいたが、ある日街で偶然、前の取引先の人に会った。

「会社辞めたんだってね。もし良ければ、僕の叔父が小さい文房具メーカーをやっていて、人を探しているって。興味があったら連絡してみて。叔父には僕から推薦しておくよ。」

そう言って、今の会社を紹介された。初めは行く気がなかったが、紹介してくれた彼に申し訳ない気がして、話を聞くだけでも、と連絡をした。

「君が一ノ瀬さんか。噂には聞いていたよ。」

「噂…?」

一瞬、藤堂とのことかと思って身構えた。

「すごく丁寧な仕事で、信頼のできる人だって。」

その言葉と社長の優しそうな雰囲気が、私の背中を後押しした。

そのまま、今の会社に採用してもらえた。社長の人柄のせいか、同僚はおっとりとして気の良い性格の人ばかりで、前の会社のような嫌がらせや噂話とは無縁だった。

その上、仕事も評価してくれ、最近ではプロジェクトを任されるようにもなった。


里緒が本当に伝えたかった気持ちは…?


里緒の亮介への想い


「今までは、周りに悪く言われないようにって、肩肘張って仕事をしていたの。それが今の会社に移ってからは、純粋に仕事が楽しいって思えるようになった。だから、今の仕事を辞めるわけにはいかないの。社長にも、まだまだ恩返ししたいし。」




「そうか…」と言った亮介の顔は、先ほどの悔しそうな顔ではなく、優しい顔になっていた。

「それにね、この間、亮介に会ったことで気がついたの。私、亮介の前では、いつも完璧であろうと偽っていた。亮介に釣り合いたいと思っていたし、弱みを見せないようにって気負っていたから。だから幻滅されたくないって、素直に過去のことを話せなかった」

私にとって、亮介は完璧だった。人に分け隔てなく優しく接し、自分に厳しく、影では努力を絶やさない。そんな亮介の周りには、いつもたくさんの人がいた。

一方私は、学歴も普通で、人付き合いも苦手だ。いつしか私は、亮介に釣り合うようにと、常に完璧であろうと偽っていた。けれど、それは本当の自分ではなかった。

「亮介と離れて、今の仕事に出会えて、やっと自信を取り戻しつつあるの。だから…」

ここで亮介とヨリを戻しては、きっとまた弱い自分に戻ってしまう。せっかく手に入れた今の環境で、私は成長して強くなりたい。

「私はここで頑張りたい。そして亮介には、アメリカで思う存分頑張って欲しい。」

そう言いながら、これが最後の別れになるのだと思うと、涙が溢れそうになる。

自分の気持ちをきちんと伝えられたか不安だったが、亮介はちゃんと汲み取ったらしく、優しく微笑んだ。その笑顔は、大好きだったかつての彼そのままだった。


亮介の答えは?


僕は、里緒の言葉一つ一つを逃すまいと噛み締めた。彼女には本当に辛い出来事だったと思うが、今の彼女は幸せそうだ。

「ありがとう、正直な気持ちを言ってくれて。里緒が今、前を向いて頑張っているのが分かって、本当に良かった。」

一瞬、「お互いが成長するまで待つのはダメ?」と聞きたくなった。けれど里緒の表情から、 そんな不確定な未来を受け入れるような、甘い決断ではないことが窺えた。

「亮介はさ、愛したいし、愛されたい人なんだと思う。“スペックで見ないで欲しい”って言うのは、”中身を見て、本当に好きになってくれる人が良い”っていう言葉の裏返しでしょう?

…亮介なら、そういう人が絶対に現れるよ。だって、この私が愛した人だもん。」

イタズラっぽく笑う里緒は、今まで見た誰よりも美しかった。

「じゃあ…元気でね。アメリカに行っても頑張って。」
「うん、里緒もね。今までありがとう。無理せず頑張ってね。」

そう言って、僕たちは最後の挨拶を交わした。もう彼女とこの先、お互いの人生が交わることはないだろう。


里緒と別れた亮介が感じた事とは…?


切ない別れ


帰り道、夜風に当たりながら歩いていると、すれ違いざまの女性からふわりと華やかな香りがした。昔、里緒がよくつけていた、フェラガモのインカントチャームの香りだ。

その途端、里緒との思い出が、一気に脳裏に蘇ってきた。

ーねぇ、亮介。結婚して子供が産まれたらさ、どっちに似るかな?亮介似のカッコイイ男の子が欲しいな。でね、大きい亮介と小さい亮介と手を繋いで、3人でドイツの街を歩くの。素敵でしょう?

そんな里緒の無邪気な言葉が、未だはっきりと聞こえてくるようだ。

亮介はその場で、熱くなった目頭を抑えて立ちすくんだ。



「まもなく、サンノゼ行きの搭乗のご案内を開始致します。」

ーさぁ、いよいよだな。

シリコンバレーへの出発当日。亮介は一人で空港にいた。

里緒と最後の挨拶を交してから、亮介は“婚活”そのものをやめた。里緒の「亮介は愛したいし、愛されたい人なんだと思う」という言葉。それは、亮介が今の自分自身と向き合うきっかけとなった。

ー里緒の言う通り、僕はただ、心から愛し合える人が欲しかった。けれどいつの間にか、「自分がスペックで見られているのではないか」という疑念から、恋愛のスタート地点にも立てていなかったんだな。

東京で半年間と期限を決めての婚活。始めは「出会いも多いし見つかるだろう」と思っていた。

しかし、出会いを求めるほどに、その質は下がっていった。

容姿、肩書き、収入などの、“スペック”と言う分かりやすい鎧。出会いの場で、まず相手の目に付くのはその鎧だ。けれど、その鎧を褒められるほど、表面でしか見てもらえていないような気がしていた。

ー彼女の目当ては僕の肩書きか、お金か?それなら結局、僕じゃなくてもいいのでは?将来少しのすれ違いがあった時、二人で解決していこうなんて思わず、他の人に乗り換えようとされるのでは?

自分に寄って来る女性を疑ってしまい、“自分が相手を好きになる”という、恋愛の初期段階にも進めていなかった。

ー結局、一番スペックにとらわれていたのは、他でもない僕だったんだな。

始めはどんな出会いであれ、お互いに惹かれ合う人を見つけられるだろう、と考えていた。しかし期限内で相手を見極めようとするあまり、疑心暗鬼になるばかりで、一向にスタートを切れなかった。

たまに良いなと思う女性もいたが、その狡猾さは何度かの食事では見抜けなかった。そのとき、食事会やホームパーティで出会う、この東京での出会い方にも限界があるような気がしてしまった。

東京での婚活は、亮介に色々なことを気づかせてくれたし、無駄ではなかったと思う。けれど、大事なことに気がついてからは、もう無理に相手を見つけることは終わりにした。


アメリカに旅立った亮介は…?


新たな出会い


アメリカに着いてからは、毎日が忙しく過ぎていった。新しい場所で暮らすためのセットアップだけでなく、世界各国から優秀な人材が集められた本社で、常に仕事の奪い合いの文化の中、突出した成果を出そうと、日々仕事に励んだ。

様々な人種が集まるこちらでは、スペックよりも、“何が出来てどういう人間か”という点を重要視される。さらに周りには、自分よりも凄い経歴、肩書き、収入の人がゴロゴロといる。この環境の中で、いつしか亮介は自分自身、“スペック”を気にしなくなった。

そうして半年ほど過ぎた頃、社外のあるワークショップで一人の日本人女性と出会う。身長は160センチ前後、特別美人という訳ではないが、彼女にあったナチュラルメイクが好印象だ。

「日本の方ですか?私、山中灯(あかり)って言います。ウェブデザイナーをしていて、今3ヶ月間研修でこちらに来ています。」

ーいい空気感をまとった人だな。

それが灯への第一印象だった。

そのワークショップはデザイン思考を学ぶもので、ある課題に対する答えを、様々な立場からディスカッションをして解決策を出す、というものだった。

英語でのディスカッションに、灯は流暢ではないものの、怖気付くことなく堂々と、自分の意見を発言した。その際、サラサラっと上手に絵を書き、皆の意見を分かりやすくまとめていく姿が、自分にはない才能で、亮介は興味深かった。

「山中さん、今日はありがとうございました。絵で皆の意見を分かりやすくまとめてもらって、すごくやり易かったです。」

亮介がそう言った時の、少し照れた灯の笑顔が、素直に可愛かった。

それからも何度か、起業家やエンジニア、デザイナー向けのmeet upで顔を合わせることがあり、徐々に親しくなっていった。そうして自然と、二人でご飯を食べに行く関係になったのだ。

「亮介君の考え方って面白い。私だったらそう言う時、違った考え方をするな。」
「亮介君の言うAの部分には共感できるけど、Bの部分は私が思ったのとは違うな。でもBの考え方も確かに大事だね。」

灯はいつだって、亮介に対して対等だった。

これまで婚活で出会った女性達は、「すごーい」「さすがですね!」などの心のこもらない決まり文句で、変に持ち上げようとしたり、逆に上から目線で、主導権を握ろうとする人もいた。

一方灯は常に、亮介と同じ目線で話す。意見が割れた時には相手を尊重しながらも自分の意見を伝え、自分が間違えた時にはすぐに認める素直さも垣間見える。

それが心地よく、亮介も変に気を遣うことなく自分の思ったことを言うことができた。そうしていつしか、二人でいる事が一番リラックスできる時間に感じた。

「私ね、後1ヶ月もしないうちに帰るの。寂しくなるな。」

ある日灯の口からそう聞かされた時、思っていたよりも早い帰国に驚いたのと、急に灯がいなくなるという実感から、亮介の胸には、これまで感じたことのない程の熱いものが込み上げた。

ー僕はいつの間にか、本当にこの人を好きになっていたんだな。

灯と出会ってから、亮介は彼女を疑うことは一度もなかった。それは彼女がスペックで亮介のことを見ていなかったからだけでなく、亮介自身、自分のスペックにとらわれることがなくなっていたからだろう。

亮介は自分の気持ちを確信し、恋愛のスタートに立てたことが心から嬉しかった。そして、ゆっくりと丁寧に、自分の思いを伝えた。

「灯ちゃん、もし良ければ、僕と真剣に付き合ってもらえませんか?…どうやら僕は、君が大好きみたいだ。」

ーFin.