イメージ

株式会社NTTドコモは、バーコードやQRコードをスマートフォンに表示させ、実店舗で読み取らせることで支払いができるサービス「d払い」を4月から開始する予定であると発表した。

本サービスは、d払いアプリを使って支払いをスムーズにできるサービス。バーコードやQRコードは、実店舗のPOSレジや決済端末で読み取ることができ、スマホを決済端末として使うことができる。

支払いは、毎月の携帯電話料金と合せて支払う「電話料金合算払い」、「クレジットカード払い」、「dポイント」を1ポイント1円(税込)として使う「dポイント払い」から選択できる。

現在の利用可能店鋪は、ローソン、マツモトキヨシ、タワーレコード、ツルハホールディングス、ウエルシアなど10社計1万9千店舗で、早期に10万店舗以上の展開を目指すとしている。

利用可能なスマートフォンは、d払いアプリをインストールできるiOS(10.1以上)/Android(5.0以上)搭載のスマートフォン・タブレットとなっている。

発表資料
URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/01/17_00.html
2018/01/17