「語り継がれる試合」に見た名門リバプールの美学 現代でも“面白い試合”はできる

写真拡大

両者とも攻め合い、今季無敗のシティにホームで4-3と競り勝つ

「10年経過しても語り継がれる試合だ」

 試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督は興奮気味に話していた。

 14日に行われたプレミアリーグ第23節で、マンチェスター・シティの開幕からの無敗記録を22試合で止めた。

 この試合が「語り継がれる」のは、単にシティの無敗を止めたからではない。サッカーにとって素晴らしいことがいくつかあったからだと思う。

 まず4-3というスコア。どのリーグでも、およそ1試合に入る平均ゴール数は2点台である。つまり2-0ならほぼ試合は終わりで、0-0や1-0は全く珍しくない。ある意味、サッカーとはそういうゲームであり、今後もこの傾向は大きく変わらないだろう。“負けたら終わり”のワールドカップの決勝トーナメントなどは典型で、1点リードしたらそのまま試合を終わらせられる力を持つチームが、だいたい優勝している。勝つことに徹すると、どうしてもそうなってしまうのだ。

 ところが、このリバプール対シティでは両チームが攻撃を止めなかった。ジョゼップ・グアルディオラ監督のシティが攻撃的なプレーをしたのはもちろん、クロップのリバプールもゴール前に「バスを置く」ことはしなかった。攻め合えば当然隙はできる。だからこのスコアになったのだが、逆に言えば1960年代以降のサッカーがロースコア化したのは、各チームの“姿勢”の問題が大きいということを表している。

 つまり、その気になればサッカーで最も面白いと言われる3-2や4-3の試合は、普通に現代でも起こりうるわけだ。10年に1回ではなく、毎週、毎試合そういう試合ができるのかもしれない。それに気づかせてくれた試合だった。

精緻なシティと異なるダイナミックな攻め方

 もっともリバプールのスタイルは攻撃的ではあったが、シティとは対照的だった。これも良かったと思う。

 GKも含めて巧みにパスをつなぎながら攻撃するシティのサッカーは、確かに美しいし強い。バルセロナ、レアル・マドリード、ナポリ、パリ・サンジェルマンもシティのようなサッカーができる。しかし、リバプールはそういうスタイルではない。センターバックやGKは少し相手に寄せられると躊躇なく縦に大きく蹴り出していた。その大雑把とも言える攻め方は、精緻なシティとは違うけれども、これはこれで効果的なのだ。

 ボールがシティDF陣の裏へ落ちれば、FWモハメド・サラーとFWサディオ・マネのスピードが生きる。シティDFにヘディングでクリアされた時も、ことごとくセカンドボールを拾えていた。リバプールのMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFエムレ・ジャン、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの中盤は、テクニックでシティの選手に劣っていても、競り合いに強く運動量もあった。

 もしリバプールがシティと同じようなビルドアップをやっても、相手のプレスに引っかかっていただろう。中盤を飛ばしてロングボールという攻め方に雑なイメージはあるものの、それでリスクを回避してチャンスにつなげていた。3トップのサラー、FWロベルト・フィルミーノ、マネの速さと技術を生かすという意味でも、縦に速い展開は理にかなっている。

 違う選手を集めて、違うサッカーをしても、シティやバルセロナのようなチームに対抗できる。攻め合っても勝てることをリバプールは示してくれた。

記憶がリバプールの情熱をつないでいく

 現在のポイント差とシティの強さからいって、今季のプレミアリーグ優勝はシティで間違いないだろう。リバプール戦でも1-4から1点差まで迫り、あわや同点というシーンもあった。シーズン後半に大崩れするとは考えにくい。

 素晴らしい勝利をあげたリバプールも、もともと強豪相手には強かった。0-5だった第4節の敵地シティ戦も、前半37分にマネが退場にならなければ、けっこう分からない試合だったのだ。彼らの弱点はとりこぼしの多さである。良くも悪くも戦い方が大雑把というか、ダイナミックなので確実さに欠ける。

 とはいえ、ホームスタジアムの熱狂的な雰囲気とともに、シティを4-3で打ち破った試合は確かに後世に語り継がれるのだろう。シティの記録を止めたことではなく、その記憶がリバプールの情熱をつないでいくのだ。

西部謙司●文 text by Kenji Nishibe

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images