Galaxy Note8に純白 x 金の冬季オリンピック限定エディション、選手・関係者だけに配布
サムスンが Galaxy Note8 の平昌冬季オリンピック 限定エディションを公開しました。

デザインは背面のガラス部分が白、側面と金の五輪ロゴやアクセントがゴールド。Noteシリーズの特徴であるSペンも白と金で何やらファッションアイテム風です。平昌冬季限定テーマが含まれるほか、中身は通常の Galaxy Note8と同じです。

サムスンは1988年のソウルオリンピックにローカルスポンサーとして参加したのち、1998年の長野冬季オリンピックからはワールドワイドパートナーとして無線通信機器やPCなどを提供しています。

今回のオリンピック限定 Note8 は、出場選手やIOC関係者などに4000台以上が配布される予定。パラリンピック選手と関係者には、パラリンピックの特別なケースも贈られます。

かつてリオ・オリンピックの際、2016台限定でオリンピック・エディションの Galaxy S7 edge が国内販売されたこともありましたが、今回の五輪モデルNote8は今のところ一般販売予定の発表はありません。

海外モデルの Galaxy Note8 は、高価なビジネス寄りフラッグシップにしてはカラーバリエーションに恵まれており、市場によっては淡いパーブルやブルー、ピンクまで存在していますが、国内キャリア版は黒とゴールドのみ。

平昌冬季に特に思い入れがなくても、白とゴールドの配色は欲しがる人も多そうですが、手に入れる方法は今のところ選手や関係者になるか、譲ってもらうしかありません。友人知人が冬季オリンピックに出場しているというかた、「あいつiPhone以外絶対使わなそう」というお知り合いがいるかたは狙い目です。

サムスンは2020年の東京オリンピックでもワールドワイドパートナーを務めることが決定済み。公式限定モデルが Galaxy何になるのか全く分かりませんが(順当にゆけば Galaxy S XI??)、東京オリンピックでは浮かれた日本人が買える限定モデルに期待したいところです。