杉田祐一はフルセットの激闘の末、2回戦敗退[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の3日目、杉田祐一(日本/三菱電機)はイボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦。杉田は6(3)-7、7-6(3)、5-7、6-4で迎えたファイナルセットを10-12で落とし3回戦へは進出できなかった。

第5セットは序盤から、前セットまでと同様に、杉田もカルロビッチもキープしあってスタートした。杉田はここでもブレークになかなか手をかけられず、キープし続けなければならない苦しい展開となった。

その中でも、杉田、カルロビッチともに一歩も引かずに、ファイナルセットは20ゲームを上回る激闘になった。

勝敗の見えないまま、ゲームカウント10-10で迎えた第21ゲームに、ついに試合の流れが傾いた。最初のポイントで杉田は、セカンドサーブでカルロビッチに強打を許すと、たまらずネット。ダブルフォルトも重なり、ブレークポイントを握られるなど、先行を許しピンチの展開になった。

杉田はサービスエースなどでいったんは追いついたものの、デュースとなってから、カルロビッチの返球がコードボールで短くなると拾いきれない不運なポイントで再び、ブレークポイントのピンチ。続くポイントでもネットしてしまい、杉田はカルロビッチのブレークを許した。

ブレークを返さなければ敗戦となる第22ゲームで、杉田は、カルロビッチのサービスを崩しきれず、勝利にはあと一歩とどかなかった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」でフォアハンドストロークを打とうとする杉田
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)