メガネスーパーのノウハウが集まったメガネ型ウェアラブル端末「b.g.」

写真拡大 (全10枚)

 メガネやコンタクトレンズなどアイケア商品の専門店「メガネスーパー」を経営するビジョナリーホールディングスのグループ会社、エンハンラボが開発したメガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」の量産機が、東京ビッグサイトで開幕した「ウェアラブルEXPO」に出展されて話題を呼んでいる。

 今回エンハンラボが展示するビージーは、昨年開催された同イベントでも注目されたデバイスだが、約1年の開発期間を経てこの春から量産モデルがBtoB向けのデバイスとして発売される。ウェアラブルEXPOが本格的なローンチ前のタッチ&トライの機会となった。

 量産タイプのビージーはディスプレイをノンシースルー(非透過型)として、1/2インチ・1,280×960画素(QVGA)のカラー有機ELを搭載している。メガネをかけた上からでも身に着けられるオーバーグラススタイルとして快適な装着性に気を配った。筆者も会場に展示されていた実機を身に着けてみたが、本体の重さをほとんど感じることがなく、ビュワーをセットしても視野が確保される使用感に驚いた。本体の質量は60gを切っているという。ビュアーの重さが前のめりになることもないので、長時間身に着けていても負担はなさそうだ。

アイウェアのノウハウを活かして装着性を高めた

装着したままビュアー部を持ち上げることが可能

 ビージーを身に着けると、左右の瞳の手前あたりに2つのディスプレイが並ぶ格好になる。ビュワーのポジションは筐体を左右にスライドさせながら微調整もできる。画面を見ていないときはビュワー部分を上に持ち上げて肉眼視の視界を広く確保することも可能だ。視力矯正機能が付いているところも、さすが“メガネ専門店がつくったウェアラブルデバイス”である。

 ビージーで視聴するコンテンツは本体固定のHDMIケーブルから入力する。電源は同じケーブルを二股に分けたUSB端子に電源アダプターや2.1A以上のモバイルバッテリーをつないで給電する。

ソース機器とはHDMIで接続、USBケーブルで電源を供給する

 筆者が取材した時にはまだブースの準備が整っていなかったため、ビージーの映像がどんなふうに表示されるのか体験できなかったが、実際の視聴感は約15インチの画面が1メートル手前に浮かんでいるような感覚だという。コンテンツの再生時には左右ディスプレイに同じ映像が表示される。立体視には対応しない。たとえばスマートフォンをHDMIケーブルで接続して画面を表示すると、縦に構えている場合はコンテンツの左右に黒いオビが表示される。画面を横に回転させると、接続しているスマホの画面によって変わってくるが、上下を黒いオビに挟まれた中央に解像度1280×720画素、アスペクト比が16対9の映像が表示される。ビージーはソース機器から受けたコンテンツをそのまま表示するデバイスなので、映像の輝度バランスや色合いは端末の側で調節する。

 同社がウェアラブルEXPOに構えたブースでは、量産型ビージーを5つの現場で活用した場合の事例が紹介されていた。そのうちのひとつが医療現場の最前線。医師が施術中にビージーを身に着けると、電子カルタやバイタルサイン、エコーなどの画面をわずかな視線移動だけでビージーの画面上から確認できる利便性があるという。一つの映像を複数のビージーを装着したユーザーがシェアできるので、施術中にカメラが捉えている映像を、ビージーの画面から複数のスタッフで共有するという使い方も可能だ。

医療現場での活用を提案

 訪日海外観光客向けの情報ディスプレイとして活用するケースも考えられる。ブースでは非可聴帯域の音声信号をスマホやタブレットに検知させて、展示されているコンテンツごとにビージーの画面に解説を表示する観光ガイドとしての活用例が紹介されていた。

観光地で展示ガイドとして活用する事例を紹介

 さらにもうひとつはメガネ型ウェアラブル端末の用途として定番になりつつある、製造現場の作業員を視覚的な情報でサポートする用途。ビージーの画面で作業に必要な情報をリアルタイムに表示しながら、肉眼視の視野も広く取れるデバイスのメリットを活かして手もとの作業も同時にできる、効率の良いワークスタイルを例示している。例えばビージーの本体にマイクを乗せて、作業管理のアプリに音声入力で情報を入力したり、ARなどの技術と連携することも考えられる。エンハンラボでは、ビージーを顧客の用途に合わせてハードウェア的もカスタマイズして提供するサービスも用意する考えだという。

 ブースでは実機の装着感を体験することもできるが、会期中はかなりの混雑が予想されるので早めにブースに足を運びたい。

両眼視・ノンシースルーの装着スタイルとしている

 エンハンラボの代表取締役社長 座安剛史氏に量産バージョンの設計から開発までの苦労を訊ねた。座安氏は「ビージーはアイウェアとしての見え方・かけ心地の良さを徹底追求した」とアピールしている。“メガネの聖地”として知られる福井県・鯖江市のメガネづくりのノウハウを採り入れたことにより、バランスのよいかけ心地を実現。使用時の負担も軽くすることに時間をかけて取り組んできた。両眼視のビュワーとした理由については、装着した時の視野をビュワーが遮ることなく、実視野が塞がらない最も好適なスタイルだからだという。

ボイスコマンドへの対応も考えられる

エンハンラボの代表取締役社長 座安剛史氏

 ビージーの本体はIF65相当の防塵・防水設計としているが、「視差調整機能を実現するためには本体の隙間をなくす必要がある。あらゆる隙間を塞いで防塵・防水設計とにすることと相反するアプローチを両立させることがいちばん難しかった」と座安氏。昨年発表したプロトタイプからさらに本体を小型化して、ビュワー部分の可動機構や装着感のブラッシュアップも含めて全ての設計を新規に行ってきた。

 エンハンラボではウェアラブルEXPOの出展を契機に、ビージーのプラットフォーム活用に興味を持ったパートナーを広く募集していく考えだ。まずは実機に触れてみながら、ビージーの活用方法についてアイデアを育んでみてはいかがだろうか。

■関連リンク
b.g.のオフィシャルサイト