【バンクーバー聯合ニュース】北朝鮮問題に関する外相会合が16日(日本時間17日)、カナダのバンクーバーで開かれ、南北対話への支持などを盛り込んだ議長声明が発表された。

 会合は米国とカナダが共催。朝鮮戦争で国連軍に参加した国や国連軍を支援した国が招待され、韓国、日本など20カ国の外相らが出席した。

 議長声明は、南北対話が持続的な緊張緩和につながるとの希望を持ち、対話の進展を支持すると表明した。

 北朝鮮核問題については、外交的解決が必須であり実現可能だとの認識で一致。国連安全保障理事会決議を超える制裁や外交努力を検討することにも合意した。

 また、船舶間の違法な積み荷の移し替えを阻止する手段を含め北朝鮮による海上の密輸に強力に対応する方針を確認した。

 北朝鮮の犯罪行為やサイバー作戦を含む資金の拡散防止、制裁の効果的な履行に向け国際社会が結束する必要があるとの認識でも一致した。

 会合に参加していない中国とロシアの役割も強調した。