ユチョンさん(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループJYJのユチョンさんが、約7年前に自身の飼い犬がかんだ知人から告訴されたことが17日、分かった。

 警察や芸能界の関係者によると、知人は2011年にユチョンさんの自宅で飼い犬に目の近くをかまれ、深刻な後遺症に苦しんでいるとして、ユチョンさんを過失致傷の容疑でソウル江南警察署に告訴した。

 ある芸能界関係者は「(この知人は)当時、ユチョンさんの関係者と付き合いがあり、賠償も受けず法的措置も取らなかったが、長引く治療と後遺症に苦しんでいる」と、告訴の理由を伝えた。

 これに対し、ユチョンさんの所属事務所は17日、「7年前に何も措置がなかったのなら、そのとき問題になったはずだ。私たちは治療費を負担し、病院で謝罪もして収まったものと承知していたが、最近になって12億ウォン(約1億2500万円)の賠償を求める内容証明を受け取った」と説明。事実関係を確認し、円満な解決を目指すと伝えた。