画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●2018年のポータブルオーディオを予想

毎年1月にアメリカで開催される「CES」は、その年に世界のエレクトロニクスのトレンドが向かう先をいち早く知ることができるイベントです。2018年のポータブルオーディオはどこへ向かうのか。ここではCES 2018の会場で見つけた最新製品を振り返りながら予想してみたいと思います。

○ヘッドホンやイヤホンにも広がる音声アシスタント

2018年のCESで最も注目されたトピックスは「音声アシスタント」と「音声入力インタフェース」でした。

国内では2017年秋ごろからGoogle、Amazonが自社のスマートスピーカーを発売。LINEも日本語力の高い独自の音声アシスタント「Clova」を乗せたスマートスピーカーを発売して、三つ巴の闘いが繰り広げられています。さらに2018年は、AppleもSiri搭載のスマートスピーカー「HomePod」を発売すると言われているので、これから一段と盛り上がりそうです。

2018年に音声アシスタントを搭載するポータブルオーディオ機器が一気に増えることは間違いありません。既にボーズが発売している「QuietComfort 35 II」やBraghiの「The Dash Pro」のように、ペアリングしたスマホを活用して音声アシスタントを素速く呼び出し、スマートスピーカーと同じように天気やニュースを調べたり、定額制音楽配信サービスから聴きたい楽曲を音声操作で検索・再生したりできる製品が、複数のブランドから出展されていました。

ソニーがアメリカで春に発売する完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」は、日本でも投入されることが決まっています。また、2017年に発売した1000Xシリーズのヘッドホンやイヤホンが、ソフトウェア更新によりGoogleアシスタントに対応することも発表しています。

JBLも上位モデルのヘッドホン・イヤホン「EVERESTシリーズ」にGoogle アシスタントを搭載。LGも「TONE Platinum SE」をGoogle アシスタントが使えるワイヤレスイヤホンとして発表しています。

Jabraの完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」はGoogle アシスタントとAmazon Alexaの両方に対応します。beyerdynamicも高音質なプレミアムワイヤレスモデルの「AVENTHO Wireless」と「XELENTO Wireless」が、ソフトウェアアップデート後にAmazon Alexaをサポートします。

さらに韓国のNAVERは、外国語のリアルタイム翻訳もできる完全ワイヤレスイヤホン「MARS」(音声アシスタントはClova対応)を鋭意開発中です。

音声アシスタントにより、イヤホンやヘッドホンは音楽を聴くためのデバイスとしての枠を超え、音声によるコミュニケーションをサポートしたり、情報端末としての役割をさらに強めてくることでしょう。タッチパッドリモコンやヘッドジェスチャーを交えた操作性の革新にも期待ができそうです。

イヤホン・ヘッドホンのほかにも、音声アシスタントを搭載したオーディオ系のスマートデバイスがあります。オンキヨーが試作機を発表したウェアラブルタイプのスマートスピーカー「VC-NX01」と、ソニーモバイルから間もなく正式にアナウンスがありそうなオープン型の完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Open-Style CONCEPT」です。

どちらの製品も耳の穴を塞がずに音楽が聴けて、しかも周囲の会話や環境音にも注意を向けられる「コミュニケーションデバイス」としての機能も果たすことができます。「キッチンに立って家族と会話しながら、音声アシスタントを呼び出してサクッとキッチンタイマーを呼び出す」なんて使い方ができるようになれば、音声アシスタントが一段と身近に感じられるのでは。

●完全ワイヤレスイヤホンの性能が一段と良くなる?

CES 2018では、ソニーが完全ワイヤレスイヤホンの第2弾「WF-SP700N」を発表したほか、パイオニアの「SE-C8TW」、JVCの「HA-ET90BT」と、それぞれブランド初となる完全ワイヤレスイヤホンも登場しています。

海外勢からも、アメリカのMonsterがジュエリーみたいに煌びやかな「ELEMENTS」や、Bang & Olufsenの「Beoplay E8」限定カラーなど、嬉しい新製品のニュースが聞こえてきました。

また、アメリカの半導体メーカー クアルコムが、完全ワイヤレスイヤホンの使い勝手を飛躍的に高める技術を発表しました。クアルコムといえば、スマホやタブレットの多くが採用するSoCであるSnapdragonシリーズがとても有名ですが、高音質なワイヤレス音楽再生が楽しめるBluetoothのコーデック「aptX HD」などオーディオ関連の先端技術開発も得意としています。

今回発表されたワイヤレスオーディオのための最新SoC「QCC5100」は、クアルコムの現行品と比べて駆動時の消費電力を約65%も下げました。そのため、新しいSoCを完全ワイヤレスイヤホンに積めば、従来のバッテリーでより長時間の音楽再生が楽しめるようになります。あるいはバッテリーのサイズを小さくして、イヤホンのデザインの自由度を高めることも有り得るでしょう。

最新のSnapdragon 845シリーズを搭載するスマホや音楽プレーヤーと組み合わせれば、左右のイヤホンを片側ずつプレーヤー機器に直接つなぎBluetooth接続を安定させるスペシャルモードが使えるようにもなります。これによって、左右のイヤホン間の音切れやノイズが格段に減るなど、良い影響が出ると言われています。

SnapdragonとQCC5100がそれぞれに高度な処理能力を持っているので、これにより生まれた余裕を、aptX HDの技術で信号を安定して伝送するなど、別の方向に振ることもできます。今年はaptX HDをサポートした「ハイレゾ相当のいい音が楽しめる完全ワイヤレスイヤホン」が誕生するのでは?

●マニア垂涎のハイエンドモデルも続々

これだけだと、なんだかCES 2018はワイヤレスオーディオの話題で持ちきりで、マニアも気になるハイエンドクラスのヘッドホンやイヤホンが全然発表されなかったように見えるかもしれないですね。安心してください。活きの良い超弩級モデルも見つけてきました。

ゼンハイザーからは密閉型ヘッドホンのフラグシップモデル「HD 820」が発表されています。高級オーディオヘッドホンというジャンルの生みの親とも呼ばれるゼンハイザーの"レジェンド"、「HD 800」を受け継いだ、驚くほどに透明感と解像度の高い音を密閉型で実現しています。欧米では初夏ごろに2,399ドル (約26万円)で発売を予定しています。

AKGの「N5005」は4ウェイ・5ドライバーのハイブリッド型イヤホン。ブランドの新しいフラグシップに君臨するモデルは日本でも3月ごろに発売予定。価格は10万円前後の見込みです。

ソニーからはハイレゾヘッドホンの超定番モデルが「MDR-1AM2」としてアップグレードされます。音質の改善、200gを切る超軽量設計は要注目。

そしてオーディテクニカからはフルデジタル伝送という独自のアプローチと、aptX HD対応によるハイレゾに迫る高音質を特徴とするワイヤレスイヤホン「ATH-DSR5BT」が控えています。CESの熱気もまだ覚めやらない陽春以降、ファンの方々にとっては新製品のチェックに忙しい日々が始まりそうです。