杉田祐一、第3セットを5-7で落とし1セットダウンに[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の3日目、杉田祐一(日本/三菱電機)とイボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦中。セットカウント1-1で迎えた第3セットで杉田は、5-7と惜しくもセットを失い、1セットダウンとなった。

第3セットで杉田は、強力なサービスとネットプレーで立ちはだかるカルロビッチに対して、序盤から中盤にかけては、サービスゲームを取得し続けた。

自身のサービスゲームとなった第1ゲームで、バック同士のラリーから、カルロビッチのスライスアプローチをバックでストレートにダウンザラインに流し込み、エースを奪うなどし、杉田はまずはキープでスタートを切った。

その後は、ラリーからなんとか得点しキープした杉田に対して、カルロビッチは自身のサービスゲームを軽々キープ。同様の展開のまま、第3セットはゲームカウント5-5へ。

第11ゲームで、杉田は最初のポイントをカルロビッチにネットプレーで奪われると、続くポイントではラリーで打ち勝ったものの、相手のドロップショットに追いついたが決めきれず、アンラッキーなロス。さらに、コードボールが相手のチャンスボールになり、ポイントを奪われる3ブレークポイントのピンチに陥った。杉田はカルロビッチに、リターンからのネットプレーでポイントをとられ、ブレークされてしまい、終盤にきて厳しい展開になった。

カルロビッチはサービングフォーザセット、杉田はブレークしなければセットダウンになるピンチ。杉田にとってはブレークしたい12ゲーム目で、サービスエース3本と、サーブからのネットプレーでラブゲームでのキープを許し、3セット目を明け渡す形になった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」1回戦で、フォアハンドストロークの構えを取る杉田
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)