韓米日3カ国の外相、右端が韓国の康京和氏=16日、バンクーバー(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部によると、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は16日午後(日本時間17日午前)、カナダ・バンクーバーで、米国のティラーソン国務長官、河野太郎外相と韓米日外相会談を開き、北朝鮮の核問題などへの対応策を協議した。

 3カ国外相は南北対話の再開で生まれた朝鮮半島情勢の変化を北朝鮮非核化の進展につなげるため、北朝鮮に圧力を掛けながら対話も行う「ツートラック戦略」について話し合ったとみられる。

 今回の会談は北朝鮮の核・ミサイル問題に関する外相会合に合わせて行われた。同会合には朝鮮戦争の国連軍に派兵した国や、日本など招待国の計20カ国が出席した。