杉田祐一、第2セットを7-6で取り返してイーブンに[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の3日目、杉田祐一(日本/三菱電機)とイボ・カルロビッチ(クロアチア)と対戦中。第1セットを杉田は6(3)-7で落としたが、第2セットを7-6(3)で取り返した。

第2セット、第1ゲームで杉田はデュースまで追い上げてブレークチャンスを迎えるも、カルロビッチのサーブにあと一本がなかなか決まらず、ブレークすることができなかった。続く第2ゲームでは逆にカルロビッチに追い詰められるピンチに。しかし杉田はここでも冷静さを保ち、キープする。

その後も杉田はカルロビッチに対してブレークチャンスを何度もつかむが、あと一本を決めさせてもらえない。

第1セット、第2セットを通じてブレークが一度も無いという緊迫した展開になり、またしても決着はタイブレークに。

ミニブレークを先行したのは杉田。カルロビッチも前に出てプレッシャーをかけるが、杉田はあくまでも冷静にボールを追い、ポイントを重ねていく。カルロビッチのボレーがアウトになり、6-2と4本のセットポイントが杉田に訪れ、7-6(3)で杉田が第2セットを取り返した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」1回戦のときの杉田
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)