全豪オープンテニス、女子シングルス2回戦。ガッツポーズを見せるマルタ・コスチューク(2018年1月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2018)は17日、女子シングルス2回戦が行われ、15歳のマルタ・コスチューク(Marta Kostyuk、ウクライナ)が、1996年に当時15歳で8強入りを果たしたマルチナ・ヒンギス(Martina Hingis)氏以来となる年少記録で、3回戦進出を決めた。

 昨年の全豪ジュニアを制し、今年は予選から勝ち上がってきたコスチュークは、ワイルドカード(主催者推薦)のオリビア・ロゴウスカ(Olivia Rogowska、オーストラリア)を6-3、7-5で下し、メルボルンパーク(Melbourne Park)での連勝を11に伸ばした。

 5歳からテニスを始めたコスチュークは試合後、「私は毎年何らかの記録を破っているから、(新記録を打ち立てるのには)慣れている」と話し、プレイヤーズボックスから母も観戦したマーガレット・コート・アリーナ(Margaret Court Arena)での勝利を喜んだ。

 また、現在ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)のコーチを務めるイバン・リュビチッチ(Ivan Ljubicic)氏からマネジメントを受けているコスチュークは、「彼はいつも助けてくれる。勝った時も何が間違っていたか教えてくれる」「彼の経験があるのはラッキー」と笑顔で付け加えている。

 大会初戦では第25シードの彭帥(Shuai Peng、ポン・シュアイ、中国)を撃破したコスチュークは次戦、4回戦進出をかけて同4シードの同胞エリナ・スビトリーナ(Elina Svitolina)に挑戦する。
【翻訳編集】AFPBB News