明るい色でテンションアップ!大城のニューウェア(撮影:ALBA)

写真拡大

プロ9年目で初のシード獲得を果たした大城さつきが、ウェアとシューズの新契約を結んだことを発表。装いを新たに、シード選手として挑む今年に向けて意気込みを語った。
つかもうぜ、初勝利!大城さつきがドラゴンボールのキャディバッグで登場!
大城にとって新たなスタートとなる18年は、ウェアはDELSOL GOLF、シューズはナイキと契約して挑む。
先週行われた台湾女子ツアー開幕戦「Hitachi Ladies Classic」では、さっそく両メーカーを身に着けて戦い、日本勢で最上位となる12位タイに入った。「派手なガラと明るい色が好きなので、可愛いです。今年DELSOLのウェアを着たら、プライベートのラウンドでもすごく結果がよくて(笑)。げんかつぎもありますね」と気分が上がったことも好成績につながったと話す。この日は自身のラッキーカラーだというオレンジを身にまとって、色に負けない明るい笑顔を見せていた。
ウェアの他にこだわりを見せたのがシューズ選び。「グリップ力があるシューズを選びました。偏平足なのと、左足はじん帯をやってしまったこともあるので」。1日7km以上歩くゴルファーにとって足元はとても大切。弱点を補える新たな武器は17年以上の成績を後押ししそうだ。
国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」は、地元・沖縄を舞台に行われる。シード選手としては初参戦となる戦いに「心持ちが全然違います」と明かした大城。「去年はダイキンで優勝争いをして3位に終わったので、去年以上に地元を盛り上げられるように頑張りたい」。去年までとは異なる重みを背に、地元で勝ち星を挙げられるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>