出典:https://www.shutterstock.com

世の中には、“あえて”彼女をつくらない男性もいるようです。

“彼女をつくらない男性”に恋した女性からすると、「どうして……?」と、彼の思いに戸惑ってしまうでしょう。

そこで今回は、彼女を“あえて”つくらない男性の深層心理を探り、男心を垣間見てみましょう。

 

■「恋愛」よりも大切にしたいことがある!

恋愛以上に、“心を燃やせる何か”を持っている男性は、あえて彼女をつくらないこともあるようです。

恋愛をすると、これまで自由に使えていた“ひとりの時間”を、多かれ少なかれ“彼女との時間”に費やすことになります。

自分の時間を自由に使えないことに、息苦しさを感じてしまうのでしょう。そのため、“あえて”彼女をつくらないのかもしれませんね。

“心を燃やせる何か”をもっている男性の心理を理解することが、恋を成就させるポイントになりますよ。

 

■過去のトラウマから「もう恋なんてしたくない…」

過去の恋愛が“トラウマ”で、恋愛をしたがらない男性もいます。

決して口には出さずとも、悲しみの渦の中でもがいている男性は、実は多いのかもしれませんよ。

特に男性は1つの恋を忘れられないタイプの人が多く、恋心を切り替えたり、忘れたりできないのかもしれませんね。

過去のトラウマをきちんと解消してからか、“一緒に向き合っていく”姿勢を見せることで、恋愛に前向きになってくれるかも。

時間をかけて、じっくりと関係を深めていくことを心がけて。

 

■デートの出費が痛い…「お金がない!」

“経済的な理由”から、あえて彼女をつくらない男性もいるようです。

毎回男性がおごったり、いつもどこかへ出かけていたりなど、デートのたびに出費がかさむような恋愛をしてきた場合、“彼女=お金がかかる”と思いがちに。

また、恋人関係からやがて結婚するとなると、どうしても“経済的な問題”と向き合わなければなりません。

先のことも考えたうえで、あえて彼女をつくらないのかもしれませんね。

“経済的な理由”で彼女をつくらない男性に対しては、女性側がどんなサポートをできるのか伝えてみては。

 

■なんとなく女性が苦手…

あえて彼女を作らない男性の中には、“女性が苦手”と感じている人も少なくないようです。

これまでに女性の嫌な部分を数多く見てきたり、親しい人から女性に関するよくない話を聞いて、イメージが悪くなってしまったり。

先のトラウマにも近いのですが、それとは違い、心を酷く傷つけられた経験がなくても、“女性”という存在に消極的な考えになることがあるよう。

女性が苦手な男性に対しては、いきなり関係を深めようとせず、まずは“女性”そのものに対するイメージをよくしていくことからはじめましょう。

 

あえて彼女をつくらない男性には、それぞれの理由があるようです。

気になる彼があえて彼女をつくらないタイプの場合、まず“彼女をつくらない理由”を知ることからはじめ、彼の不安を解消してあげましょう。

【画像】

※ Oleksandr Nagaiets/shutterstock

【関連記事】

※ 男が「遊びの女からのLINE」でついやっちゃうサイテー行為

※ 【男の本音】「こいつ、ヤレる」と思う瞬間は?

※ 【男の本音】“ヤリたい女”と“付き合いたい女”の違い