代々木上原の地にたたずむオスマン・トルコ様式のモスク「東京ジャーミイ」(撮影:今井康一)

東京23区だけでも無数にある、名建築の数々。それらを360度カメラで撮影し、建築の持つストーリーとともに紹介する本連載。第1回の今回は、渋谷区の「東京ジャーミイ」へ訪れた。
なお、外部配信先でお読みの場合、360度画像を閲覧できない場合あるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。

新宿西口の超高層ビル街が遠望できる小田急線代々木上原駅の近く、井の頭通り沿いの一等地に壮麗なイスラム・モスクがある。これは、初めてその存在を知った人にはちょっとした驚きを与える建物だ。日本国内、東京都内では、そうそうモスクという建造物を見掛けることはないだろうから。

ジャーミイとはどういう意味か

この「東京ジャーミイ」というモスクは、華やかな外観の大変立派なもの。都内には新大久保や大塚など、実は何カ所かにモスクがあるが、それらと比べても格段に規模も大きく、装飾も凝っている。ジャーミイとは、トルコ語でモスクのことだ。

建物は2000(平成12)年に竣工したものなので比較的新しいと言えるが、実はこの建物は2代目のもので、同じ場所には1938(昭和13)年に建設されたモスクがあった。その初代モスクは日本の宮大工が作った木造建物。老朽化で雨漏りがひどくなり、1986年に取り壊された。その後、トルコ全土で寄付金が集められ、この2代目モスクが建設された。

井の頭通りを背に東京ジャーミイを臨む(編集部撮影)

礼拝堂の中央から編集部撮影

2代目モスクを設計したのは現代トルコの代表的な宗教建築家であるムハッレム・ヒリミ・シェナルプで、伝統的なオスマン・トルコ様式でありながら、構造には最新技術が取り入れられている。

鉄筋コンクリートの建物本体の建設工事は日本のゼネコンである鹿島が担当したが、内外装の仕上げはすべてトルコから取り寄せた材料で、多いときには100人もの技術者や職人がトルコから来日して工事を担当した。この建物の外観を眺めても内部に入っても、えも言われぬエキゾチシズムを感じるのは、すべて現地の材料と技術で仕上げられた、本物のトルコ・イスラーム建築だからなのだ。

美しい礼拝堂の内部

建物2階の礼拝堂に入ると、中央の巨大ドーム、それを取り囲む6つの半円ドームに囲まれた空間に圧倒される。壁面にも天井にも幾何学模様や植物の模様、アラビア語のコーランの一節が描かれ、ステンドグラスが輝き、万華鏡の中にいるようだ。

半円ドームの直径を結んでいくと、正六角形が描かれる。自然界でもミツバチの巣の1つ1つは六角形で構成されている。加わった力を分散させて壊れにくいハニカム構造は耐震建築にも応用されている。日本もトルコも地震が多い国。この6つの半円ドームには6本の通し柱が配置されていて、この礼拝堂を支える大黒柱となっている。

巨大なドームは、天蓋、宇宙を表していて、中央にはコーランの一節が書いてある。巨大ドームを6つの半円ドームが囲む天井はこのモスクの何よりの特徴。

壁面のステンドグラスはトルコ・ビザンチンの影響という。西洋建築でしか見たことのないステンドグラスが、このイスラム寺院で美しく輝いていることに新鮮な驚きを感じた。

日本の宗教施設ともキリスト教の教会ともまったく異なるイスラム教の礼拝堂。ここでは1日5回の礼拝が行われ、毎週金曜日の集団礼拝には多くの教徒が集まる。

偶然、取材時に、礼拝の始まりを告げる「アザーン」が流れ始めた。建物内には礼拝前に手足を浄める施設があり、シンガポールから来たという旅行者らしい若者が身を浄めていた。

礼拝堂には「ミヒラーブ」と呼ばれる聖地・メッカの方角を示す壁のへこみがあり、ここがこの建物で最も重要な場所とされている。その方角を向くように、井の頭通り沿いにあるこの建物は、敷地内で若干斜め方向を向いて建っているそうだ。礼拝に参加する信者は、このミヒラーブの方角に向かって祈りを捧げる。

建物1階には講演やイベントなどの行われる多目的ホールや、トルコの民家の応接間を模した部屋などがあり、こちらにもエキゾチックなシャンデリアや、鮮やかなタイル壁画、大理石の床など、まるで今自分がトルコの国のどこかにいるような錯覚を覚える。

1階のゲストルーム(編集部撮影)

広報を担当する下山茂さんが、この東京ジャーミイが代々木上原の地に建立された歴史を語ってくれた。

「東京ジャーミイの建設以前、ここにあったモスクは、東京回教礼拝堂と呼ばれ、名古屋、神戸に続き、日本で3番目に建設されたモスクでした。そのモスクを作ったのは100年前のロシア革命を逃れて日本に来たタタール民族たちです。

建設には日本政府も協力

モスクを設立するにあたっては、日本政府と軍部の協力がありました。当時の日本で一番恐れられたのは共産主義という思想が国内に入り込むことでした。そのために中央ユーラシアにいた何億人というイスラム教徒の協力を得ようとした。そこで当時の日本財界に呼びかけ、三井、三菱といった財閥から資金や土地の提供を受け、モスクをこの地に建設したのです。この場所は以前、日本を代表するような商船会社の社長の所有する土地でした。このモスクができた背景には、当時の日本政府のそんな政治的思惑があったのです」

建物を外から見ると、ドーム脇の「ミナレット」と呼ばれる高い尖塔が目立つ。これは、モスクがここにあるというランドマークの役割をするものだとか。

「モスクというものは、学校、病院、市場といった人間の生活上必要な公共的な施設の真ん中に建設されるものなのです。日本の仏教寺院は僧侶の修行の場でもあるので人里離れた山の上にあったりしますが、モスクは1日5回人々が礼拝をする場所。そして学校、病院、食堂、シェルターといった役割も果たしている。誰もに門戸を開いている場所なのです」と下山さんは語る。

イスラム教に触れる機会が少ないため、モスクには信者でなければ入ってはいけないのではと思っていたが、ここはそんな開かれた場所だったとは。今回、礼拝に立ち会い、その礼拝堂の建築を見たことで、イスラム文化の深遠さを改めて感じた。

東京ジャーミイの見学について
東京ジャーミイは、年中無休、毎日午前10時から午後6時まで一般の方々に開かれています。昼の礼拝、午後の礼拝もご覧になれます。5人以上のグループは事前に日時をお伝えするとガイドがつきます。
見学のときの服装やマナーについて
東京ジャーミイは宗教施設です。見学のときに肌を露出する服装(ミニスカート、半ズボン等)は避けてください。また頭髪を覆うスカーフを持参してください。礼拝のときは静粛にし写真撮影も控えてください。礼拝をしている人の前を横切ってはいけません。
写真撮影について
特定の目的の撮影については必ず事前に許可を得てください。施設内には撮影が禁じられている場所があります。