グテレス事務総長(資料写真)=(AP=聯合ニュース)

写真拡大

【ニューヨーク聯合ニュース】国連のグテレス事務総長は16日(米東部時間)、来月開かれる平昌冬季五輪の開会式に出席する意向を示した。

 グテレス氏はこの日、国連総会の非公式会合で「北朝鮮の冬季五輪への参加決定は励みになる」とし、「私も開会式に出席する」と述べた。

 グテレス氏は今年の優先課題の一つとして「平和的な朝鮮半島の非核化」を挙げ、「このような(北朝鮮の五輪参加)小さな希望の信号を積み重ね、外交的努力をさらに拡大しなければならない」と強調した。

 続けて「南北の連絡チャンネル、特に軍事ホットライン(黄海の南北直通電話)の再開を歓迎する」とし、「誤った判断や誤解による危険を減らすために重要だ」と述べた。同時に北朝鮮の核・ミサイルによる挑発に対応した国連安全保障理事会の強力な制裁も支持するとの立場を明らかにした。

 過去には、国連事務総長として潘基文(パン・ギムン)氏が14年のソチ冬季五輪、16年のリオ五輪の開会式に出席している。