高校時代に斎藤佑樹と死闘繰り広げたダース氏 肩の痛み忘れて投じた158球

ざっくり言うと

  • 2006年の高校野球で、斎藤佑樹と延長15回まで渡り合ったダース氏
  • 当時は右肩の痛みを抱えたまま、早稲田実業戦で158球を投じた
  • ダース氏は「魔法がかかる。俺しかいないと思えば痛くない」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング