西本真司・西本クリニック院長

写真拡大

国の指定難病のひとつである潰瘍性大腸炎。2016年の患者数は18万人超。この20年で5倍以上に増えている。たびたび症状が「再燃」することで知られているが、1998年に寛解を迎えて以来、一度も再燃していないという医師がいる。これまで100人以上の寛解をみてきたという西本真司医師は「治療法はひとりずつ違う」と解説する――。

■ステロイドに頼ると自然治癒力が低下する

「潰瘍性大腸炎」は国の指定難病のひとつです。このため「治らない病気」と思われているのですが、寛解(病状が治まっておだやかであること)を迎えることは不可能ではありません。私は1991年、29歳のときに発症しましたが、約7年をかけてさまざまな療法を試し、寛解を迎えることができました。今日まで一度も再燃(治まっていた病状や症状が再び悪化すること)していません。どのように治療したのか。ここでご紹介させてください。

最初に潰瘍性大腸炎を発症したとき、私は、研修医として熊本赤十字病院に勤務しており、特にその前の月はほぼ24時間、働きづめの毎日でした。ときどき自分の体調がすぐれないことは気づいていましたが、救急対応をしている病院だったので、患者さんがひっきりなしに訪れます。自分のことなど二の次で仕事に没頭していました。だましだまし働き続けていたのですが、ついに倒れてしまい、潰瘍性大腸炎との診断を受けました。

この病気の怖いところは、再燃を繰り返すということです。治療で改善はされるのですが、2度、3度と再燃を繰り返し、そのたびに症状が重くなっていきました。

最初の治療の時から、私はステロイドの使用をできるだけ避けたいと考えていました。その理由は、ステロイドに頼ることで自然治癒力が低下し、ステロイドの服用をやめられなくなるかもしれないからでした。ある医師からは、「ステロイドを使わないと99.99%治りませんよ」と言われました。たしかに当時の医療現場では、中等度の全大腸炎型の潰瘍性大腸炎の場合、ステロイド使用は常識でした。でも、私はどうしてもステロイドは使いたくなかったのです。

幸い担当医の理解があり、腸の炎症を抑えるサラゾピリンと経口栄養療法を中心とした治療を3カ月ほどして、改善しました。ところが、2年後に再燃してしまったのです。

潰瘍性大腸炎は、一日に何十回もトイレに行きたくなる病気です。私の場合、多い時で一日40回くらいトイレに駆け込んでいました。夜中でも頻繁にトイレに行きたくなるので、熟睡もできません。夜寝られないと、ボディーブローのようにメンタルに影響します。2度目に入院した時はひどく落ち込みました。また、食べてもすぐに下してしまうため、IVH(中心静脈栄養)だけで栄養を補給する生活で、食べられないことのつらさを実感しました。

1回目の入院時と同様、2度目も「ステロイドを使いたくない」と、ステロイド以外の治療を選択していました。そうして、私は「再燃」と「小康状態」を何度も繰り返しながら入退院を繰り返していたのです。

ある意味、医者である自分の体が実験台でした。どうしても治したいという強い思いを持って、西洋医療だけでなく、代替補完療法を取り入れることにしたのです。

■自分の経験を患者さんにどう生かすか

西洋医療は救急の症状や深刻な状態の時には大変有効ですが、長期間にわたる強い薬の服用は体への負担が大きい。治療が長丁場になる場合は、免疫力を上げる必要があります。その点、代替補完療法には、食事療法、断食療法、気功、呼吸法、笑い療法、音楽療法、簡単な体操など、全身を動かしたり、脳に心地よい刺激を与えたりしながら、免疫力を上げられるものがあります。

いろいろな療法を試していましたが、仕事の内容がハードになると決まって再燃を繰り返していました。3回目の入院の時、とうとうステロイドを使わなければならないほどまで症状が悪化しました。あれだけ避け続けてきたステロイドだったのですが、その治療効果に驚きました。私自身、医者でありながら、西洋医療の重要性を実感した体験でした。

最初の発症時から代替補完療法を積極的に取り入れ続け、7年を過ぎた頃に寛解(病状が治まっておだやかであること)を迎えました。それ以来、今日まで一度も再燃していません。自分が完全寛解になったことから、多くの潰瘍性大腸炎の患者さんを治療してきました。これまでに100人以上の患者さんを寛解に導くことができました。大変うれしいことです。

私のクリニックでは、ガイドラインに沿った西洋医学の治療をしながら、私が試した代替療法も取り入れています。患者さんが100人いれば、100通りの処方箋があり、一人ひとり、その療法が異なってきます。

あるとき、私は、患者さんに共通する“ある傾向”に気づきました。それは、潰瘍性大腸炎になる人は「自分を責める」といった性格的な傾向が潜んでいるのではないかということです。

私自身もそうでしたが、家族の中でも兄と弟に挟まれて、他人や周囲に気を遣いつつ、物事がうまくいかないときは自分を責める癖がありました。潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患です。つまり、自分の免疫が自分の健康な細胞を攻撃してしまう。患者さんは、いわば自分で自分を責める思考が体の細胞レベルでも展開されているのです。このことに気づいてからは、治療と共に、患者さんの心理的な問題を探し出し、問題が解決できるよう患者さんと一緒に取り組むようにしました。

■病気の原因を取り除き、体を変えていく

医療の世界は日進月歩です。多くの人の治療をしていくうちに「断食」が効果的な人がいることもわかってきました。「断食」といっても、1〜2日間程度の断食でも効果が表れる人がたくさんいます。

断食は、脂肪コントロールに大きな効果を発揮します。体の細胞のエネルギーシステムは、まずブドウ糖を利用し、それがなくなったら脂肪を燃やすという順序で作動します。断食をするとブドウ糖が足りなくなるので、細胞は体内に蓄えられた脂肪を燃やしてエネルギーにします。脂肪は、私たちにとって必要不可欠ですが、余分にあると動脈硬化など、体の老化の原因となるものですから、余分な脂肪がなくなるのは結構なことです。脂肪を燃焼する回路をケトン体回路といって、人によって機能差がありますが、ケトン体回路が回りやすい人は糖質制限や断食療法が合っているといえると思います。

潰瘍性大腸炎の患者さんは、症状が重くて食べられないという時期を経験している人も多いと思いますので、断食はそれほど抵抗なくできるかもしれません。ただ、「低血糖」による発作が起きる恐れがありますので、無理な断食は絶対にやめましょう。

さらに、断食後は、胃腸の中が空っぽの状態ですので、徐々に食事の量を増やしていきます。刺激物や消化の悪い固形物は避け、野菜や豆腐など柔らかく消化に良いものを少量ずつゆっくりとよくかんで取っていきます。

私の専門である「星状神経節ブロック療法」も、潰瘍性大腸炎に効果をあらわす療法のひとつです。首のところにある交感神経節に局所麻酔注射をすると、一気に血流が促され、自律神経のバランスが整い、自然治癒力が活性化していきます。この療法を取り入れているペインクリニックで(星状神経節ブロックの保険適用のある疾患も症状としてあるなら)、保険で受けることができるのも特徴のひとつです。

代替療法を取り入れることには賛否があると思います。ただし症状にフタをするだけの治療では根治はしません。やはり、その人の根本部分から病気の原因を取り除き、時間がかかっても体を変えていくという取り組みが必要です。それには代替療法は有効なものだといえます。

私自身、潰瘍性大腸炎の経験者として、患者さんたちには、ぜひ治療の中に希望を持ってもらいたいと願っています。「治った」という先人の例はさまざまです。治療法はひとつではありません。その実例を紹介していくことが、治療の一番のモチベーションになると信じて、これからも寛解の実例を蓄積していきたいと思います。

----------

西本 真司(にしもと・しんじ)
西本クリニック院長
1961年、和歌山県生まれ。近畿大学医学部卒業。熊本大学医学部付属病院麻酔科、熊本赤十字病院麻酔科、山鹿市立病院を経て、96年、西本第2クリニックを開業。2006年、西本クリニック院長に就任。ペインクリニック医。著書に『潰瘍性大腸炎が治る本』『潰瘍性大腸炎 医師も患者もこうして治した』『潰瘍性大腸炎は自分で治せる』(すべてマキノ出版)など。

----------

(西本クリニック院長 西本 真司 取材・構成=ジャーナリスト 田中響子)