山本佳奈医師。大町病院内科外来にて。

写真拡大

医師の「都市遍在」により、日本の地域医療は崩壊寸前の危機にある。関西から福島県南相馬市に飛び込んだ医師・山本佳奈さん(29)は、1日100人の外来患者を診ながら、月5回の当直をこなしている。今春からは東京大学の博士課程で研究もはじめる予定だ。なにが彼女を動かしているのか。特別寄稿をお届けしよう――。

■週8コマの外来と15名程の入院管理、月5回の当直

私は、昨年9月から福島県南相馬市にある青空会大町病院で、たった一人の常勤の内科医として勤務している。医師になって3年目。実力は十分ではないかもしれないが、南相馬に恩返しをしたいという一心で飛び込んだ。

現在は週8コマの外来と15名程の入院管理、月5回の当直をこなしている。多い時には、一日100人の外来患者を診る日もある。身体的にも精神的にもハードではあるが、得難い経験であり、毎日あっという間に過ぎて行く。

病棟から外来に駆け下りて、息を切らしたまま外来をしてしまうと、患者さんに、「先生、大変ね。身体大事にしてね」なんて、心配をおかけすることもしばしばだ。

内科の常勤医は私一人ではあるが、多くの先輩方や大町病院のスタッフの方に支えていただき乗り越えることができていることに、感謝している。大町病院の藤原珠世看護部長は、「先生、いつもありがとうね。ご苦労様」と毎日声をかけてくださる。鈴木好喜事務長は、「困ったことがあれば、なんでも相談するように」と言い、私が全力で業務が行えるように環境を整えてくださっている。搬送となった患者さんの様子を見に、大町病院での勤務を終えてから、前の勤務先である南相馬市立総合病院に行くこともしばしばだ。状況の報告と同時に、「困った症例があったらいつでも相談してね」と言ってくださる先輩がいて、私は本当に恵まれていると感じている。

■都内の病院のマッチングは不採用

そんな私は今、南相馬という地で生きようと決意している。その理由は、大学卒業と同時に南相馬に飛び込んだからこそ、今の私があるからだ。

大学5年生の春までの私は、普通の医学生だった。そんな私の人生を大きく変えたのは、当時、東京大学医科学研究所の教授だった上昌広先生だった。関西で生まれ育った私に、上先生は「生まれ育った環境と違う場所に行きなさい」と都内の病院での初期研修を勧めた。

だが、都内の病院のマッチングは不採用。縁があったのは、福島県南相馬市にある南相馬市立総合病院だった。反対されると思い、就職先をなかなか親に伝えることができなかった。両親の「なんでそんな遠いところに行くんや……」という言葉は、一生忘れられないだろう。

しかし、今では心から「マッチングに失敗してよかった」と思っている。相馬市の立谷秀清市長、震災後ずっと相馬地方で診療を続けておられる坪倉正治先生や森田知宏先生、尾崎章彦先生、小鷹昌明先生など、南相馬に来なければ出会えなかった方々との出会いは私の宝物だ。相馬市で昨年開催された国際シンポジウムでは司会も務めさせていただいた。

■世界に通用する貧血の専門家に

研修医2年目の春には、光文社新書から『貧血大国・日本』を上梓した。その後、貧血についてさらに勉強するうちに、世界の貧血の実態を調査したいと思い、昨年の6月には上海市にある復旦大学の趙根明先生の教室へ短期留学した。論文を読み、データを集め、英語で議論する日々は、私にとって貴重な経験となった。苦手な英語へのコンプレックスも、少しは克服できた気がする。帰国後も、共同研究を進めさせていただいている。

新書の上梓をきっかっけに、永谷園とロート製薬からコラボレーションのお話をいただいた。春や夏には「貧血セミナー」を開き、さらに貧血対策に関する商品開発の監修や、貧血の調査にも携わらせていただいている。

来年4月からは、東京大学大学院医学研究科の博士課程に進むことが決まった。世界に通用する貧血の専門家になりたいと思い、その第一歩として、東京大学で博士号を取得しようと考え、受験を決意した。高校2年生の冬に摂食障害になり、大学受験に失敗。一浪してなんとか医学部に合格した私にとって、とてもハードルの高い決断だった。大町病院に出向になってから、外来業務や病棟管理に明け暮れる毎日だったため、院試の勉強をすることは、そう容易くはなかったが、なんとか合格できた。今まで通り、南相馬の診療を続けながら、北村俊雄教授のもとで貧血についての研究に従事したいと思っている。

■南相馬から東京大学までは車で片道4時間

南相馬から東京大学までは車で片道4時間ほどかかる。大学院の規定があるため、大町病院での勤務は非常勤になるが、南相馬と東京を往復する生活を計画している。

※編集部注:大学院に入るまで研究計画が確定しないため、一部表現をあらためました。(2017年1月19日追記)

このように、多くの方にチャンスをいただき、想像していなかった世界が、私の目の前にどんどん広がっていっていることに感謝の気持ちでいっぱいだ。

もちろん、挫折や悔しいこともたくさん経験した。大学5年生の頃から希望していた産婦人科医として南相馬に残ることはできなかったことはその1つだ。私は南相馬市立総合病院で2年間の初期研修を行った。その後、この病院にとどまって、産婦人科医になることをめざした。ところがそれはかなわなかった。理由は「南相馬市立総合病院には産科医が一人しかいないからだ」ということだった。

■希望だった産婦人科医にはなれなかったが……

現在、福島県で産婦人科の専門医になるためには、日本産科婦人科学会の会員となり、基幹病院である福島県立医大に所属しなければならない。南相馬で研修を受けるため、福島県立医大の産婦人科教授に相談したところ、「産科医が一人しかいない病院に専攻医を派遣することはない」と断言されてしまった。

なぜ大学病院でなければ専攻医が取得できないのか。南相馬市立病院の年間分娩数は約230件。産科の常勤医は一人だけだ。一方、福島県立医科大学は常勤医18人に対し、年間分娩数は499件(2015年度)。常勤医一人当たりの分娩数は24件である。南相馬で研修するほうが、経験を積むうえでも、地域医療に貢献するうえでも、メリットが大きいはずだ。

産婦人科医になるために南相馬を離れるか、産婦人科医ではなく医師として南相馬に残るのか。私は後者を選んだ。これまでの貴重な体験やチャンスを思えば、南相馬を離れることは考えられなかった。

■市長からクビを宣告されてもくじけない

2年の研修を終えたあとは、そのまま南相馬市立総合病院で勤務の予定だった。院長の内諾もあったのだが、病院を運営する南相馬市の桜井勝延市長から直接「クビ」を宣告されてしまった。私は前述のような福島県の産科体制や専攻医取得の問題点について、昨年2月、医療情報専門サイトm3.comに記事を寄稿した。その内容が南相馬に医師を派遣している福島医大を批判するもので、「あなたのような医師は雇用できない」というのだ。

それでも私の希望は南相馬での医療に携わることだった。このため福島県立医大の竹之下誠一理事長に相談したところ、「まったく問題ない」とのお墨付きをいただけ、昨年4月からは非常勤として南相馬市立総合病院で勤務できることになった。

私の現在の勤務先は、南相馬市の大町病院である。南相馬には一般病院は4つしかない。昨年8月末から常勤の内科医がいなくなってしまうと知り、南相馬の医療を守るため、自ら手を挙げて9月から大町病院に飛び込んだ。

南相馬にいたいと思うのは、関西からこの地に飛び込んだからこそ、今の自分があると考えているからだ。たくさんのチャンスをいただき、たくさんの経験をさせていただき、たくさん応援いただいた。その恩返しをするため、これからも南相馬という地で精進していきたいと思う。

----------

山本佳奈(やまもと・かな)
青空会大町病院 内科医
1989年、滋賀県大津市生まれ。私立四天王寺高校卒業。2015年3月滋賀医科大学卒業。同年4月より、南相馬市立総合病院初期研修医。研修終了後、同院に残るも、17年9月より南相馬市内の大町病院に内科医として出向中。女性の総合医を目指し、日々研鑽している。自身の貧血体験から、大学時代より貧血の研究に取り組む。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)がある

----------

(青空会大町病院 内科医 山本 佳奈)