バンクーバーで開かれた会議に出席した康氏(左端)と河野氏(右端)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ロサンゼルス聯合ニュース】北朝鮮問題に関する外相会合に出席するためカナダ・バンクーバーを訪問中の韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が16日午前(現地時間)、日本の河野太郎外相と朝食を交えて会談し、北朝鮮の核や旧日本軍慰安婦問題について意見を交わした。韓国外交部によると、康氏は慰安婦問題に関する韓国の立場を説明し、河野氏も日本の立場を伝えた。

 また、来月9日に韓国で開幕する平昌冬季五輪に関し、康氏は「安倍晋三首相が出席を決めるなら歓迎する」との姿勢を改めて伝えた。河野氏は国会日程などを踏まえて早期に知らせるとした。

 これに関し、自民党の二階俊博幹事長が平昌五輪の開会式に安倍首相が出席できるよう国会日程などの調整を図りたい考えを示したと、NHKが報じている。