店名の由来は「お客さんが『それ俺の肉ッ!』と奪い合うほど旨い肉を提供したい」という店主・木村さんの思いから。フレンチの肉料理担当で牛やジビエなどあらゆる食材を扱ってきた経験を生かし、焼肉店で修業した末に独立を果たした実力派だ。

俺の肉(最寄駅:神田駅)

繊細な仕込みを施した美しい赤身を見れば、ひと目でその職人技が分かるだろう。「絶対に手を抜かない」と力を込めるのは仕入れ。サシの入り方や筋肉の繊維などを見極め、主に黒毛和牛A5ランクの口当たりまろやかな仙台牛を厳選している。とりわけモモ系など赤身の希少部位にこだわり、冷凍保存は一切しない。まずは肉を知り尽くした店主自慢の「デラックス盛り」を。気の合う仲間と「俺の!」「私の!」と奪い合って。

デラックス盛りハーフ

その日おすすめの赤身肉と霜降り肉を6〜7種類ほどバランスよく組み合わせた看板メニュー。写真はシャトーブリアンやリブ芯など

本日のおすすめ部位(クリ)

腕部分の希少部位。濃厚な赤身の旨みと歯切れの良い食感が魅力

和牛ユッケジャンクッパ

リブロースなどの端材を使った人気の〆。自家製コチジャンで絶妙な旨辛味に仕上げている

俺の肉

東京都千代田区内神田3-15-10 東海神田ビル1階 [TEL]03-3255-1129 [営業時間]17時〜23時半(23時LO)、土・祝17時〜22時半(22時LO) [休日]日 [席]カウンター4席、テーブル23席、計27席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し250円別 [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩1分