乃木坂46について報じる韓国メディア

写真拡大

昨年3月に発売されたシングル『インフルエンサー』が、「第59回 日本レコード大賞」に輝いた乃木坂46

いまや女性アイドルのトップに立ったといっても過言ではないが、お隣・韓国でも、彼女たちのことは知られている。

韓国の最大手ポータルサイト『NAVER』には、著名人のプロフィールが掲載されている「人物情報」という欄があるが、そこにも乃木坂46のメンバー情報や受賞歴が載っている。

1月17日現在、2016年に加入した3期生はメンバー欄に載っていないが、1期生全員と2期生の堀未央奈、北野日奈子、新内眞衣は、個別のプロフィールまで掲載されているほどだ。

「彼女のコンセプトは歌でもダンスでもなく…」

また、乃木坂46は、韓国メディアに取り上げられることも少なくないが、どちらかといえば、グループ全体よりも個々のメンバーにスポットライトが当たっている印象が強い。

“コンセプト”や“運営方法”に関心が集まっているライバルグループのAKB48とは対照的だ。

(参考記事:AKB総選挙を大マジメに論じている…韓国メディアの意外な“AKB48熱”

実際、韓国メディア『スポーツソウル』は、「“日本3大女神”と呼ばれるアイドルの美貌レベル」と見出しを打ち、西野七瀬について紹介。

日本での西野の人気ぶりを報じながら、「特に白い肌とあどけない顔、特有の微笑みが多くの男性を虜にするもっとも大きな魅力である」と伝えている。

一方、面白い角度から注目されているのは、2期生の北野日奈子だ。

『国民日報』は、「日本のアイドルの非凡な特技…“怪力アイドル”北野日奈子」と題した記事で、アイドルが熾烈な競争を生き残るためには特技が必須要素となると前置きし、思い切った特技を披露した代表的なアイドルとして北野を紹介している。

記事は、北野がグループの冠番組『乃木坂工事中』でフライパンを曲げたことを取り上げ、「彼女がグループで任されたコンセプトは、歌でもダンスでも美貌でもなく、“怪力”である」と報道。

怪力で自分をアピールしなければならないほどアイドルの競争は激しいとしながら、1期生が選抜メンバーの大部分を占める中、さらに3期生が加入したことで「北野を含めた2期生の立場はさらに難しくなった」と締めくくった。

日本のファンからすると的外れな部分もある気がする報道だが、いずれにしても、北野の“フライパン曲げ”が韓国でも話題となっていることは間違いない。

「日本の男性が好む清純な白肌美女の代名詞」

そのほかにも韓国では、堀未央奈がKARAの元メンバーである知英のファンであることを明かしたことや、昨年2月にグループ卒業、芸能界を引退した橋本奈々未が、アイドルになった目的は「お金だった」と自身の境遇を振り返ったことなども取り上げられている。

ただ、韓国でもっとも関心を集めているメンバーは、白石麻衣だろう。

韓国メディアが注目しているのは、昨年2月に発売された白石のセカンド写真集『パスポート』が、日本で大ヒットとなっていることだ。

韓国では、累計発行部数が20万部を突破した昨春ごろから報道が出始め、「乃木坂46・白石麻衣のフォトブック、今世紀最大のヒット作に」(『スポーツ東亜』)、「白石麻衣とは誰だ…出版不況の中で芸能人の写真集が20万部も」(『京郷新聞』)、「出版不況でも“大ヒット”日本の女優の写真集」(『スポーツソウル』)などと報じられている。

前出の『スポーツ東亜』の記事は、白石の老若男女を問わない人気が、写真集のヒットを生んだと分析。

「白石麻衣は、ガールズグループながら女性ファンの積極的な支持を集めるメンバーとして有名だ。実際に握手会などのイベントを行うと、白石麻衣のファンの30%以上が女性ファンであるといわれている」と伝えている。

ちなみに白石は、2014年にも韓国メディアに取り上げられていた。

同年12月に発売したファースト写真集『清純な大人』が、オリコン週間“本”ランキングの「写真集」部門で初登場1位を獲得したときのことだ。

当時、前出の『OSEN』は、「日本の白肌清純美女、初の写真集が売上1位のヒット」とヘッドラインを置き、「白石は日本の男性が好む清純な白肌美女の代名詞といわれている」などと伝えていた。

韓国の乃木坂ファンが選ぶ“シングルTOP5”

もっとも、乃木坂46に視線を送っているのはメディアだけではない。

韓国にも、彼女たちのファンは存在するのである。

象徴的なのは、「乃木坂46シングルTOP5(主観的)」と題した記事を公開しているブロガーの「FU」氏だ。

FU氏は、メンバーの最新情報やグループの魅力に関する記事を頻繁にブログにアップしているが、全シングルを聴いているという事実からも、その熱量は伝わるだろう。

昨年3月30日にFU氏が発表したランキングは、以下の通り。

5位:裸足でSummer
4位:太陽ノック
3位:制服のマネキン
2位:ガールズルール
1位:気づいたら片想い

『気づいたら片想い』を1位に選んだ理由については、「どこか切ないメロディーと歌詞が、センターの西野七瀬とマッチしているから」と綴っている。

ちなみに、FU氏の推しメンは堀未央奈だというが、堀が唯一センターを務めた7枚目シングル『バレッタ』がランキングから外れたのは、衣装のドット柄が苦手だからだという。

FU氏のほかにも、乃木坂46を紹介するブロガーは数多く、韓国のネット上には、「愛のあふれる乃木坂46」「乃木坂イチの歌唱力を誇る生田絵梨花」「久保史織里と山下美月、乃木坂3期生のエースの威厳」といった記事が並んでいる。

日本のみならず、お隣・韓国からも熱い視線を集める乃木坂46。

韓国ファンの声援も受けながら、彼女たちは今年も上り坂を駆け上がっていくことだろう。

(文=李 仁守)