AIと3Dビジョンシステムの融合ソリューションで日本市場を開拓

写真拡大

 台湾のSOLOMON社は、昨年末に“AIと3Dビジョンシステムを融合したソリューション”を国際ロボット展(iREX)に出展し、大きな反響を呼んだことをうけ、日本での業務提携パートナーの募集を強化する。日本のロボット代理店、システムインテグレーターおよび各産業の販売代理店とともに市場展開を目指していく。

 SOLOMON社の3Dビジョンシステムは、人工知能のディープラーニングにより、産業用ロボットをさらにインテリジェントかつ使いやすくする。董事長の陳政隆氏は、「ロボットのベストパートナーになるために、特に知能ロボット産業技術が進んだ日本市場に注力したい。日本産業界、プロジェクトの業務提携を歓迎している」と表明する。

 17日から東京ビッグサイトで開催されるスマート工場EXPOでは、独自開発のソフトウェアとハードウェアを活用し、スマートビジョンによるスポーツシューズの瑕疵検査を紹介。

 また、自動車産業に向けたエンジンボンネットの接着剤塗布のアプリケーションを展示する。SOLOMONの3Dビジョンのガイドにより、ロボットは設定された経路に従い作業を完成。ワークの方位がずれても、ビジョンシステムは精確に判断し、ロボットのスタート位置を自動的に調整する。このアプリケーションは、すでに台湾の日系自動車メーカーに採用されている。