セブン-イレブン(撮影=編集部)

写真拡大

 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス(ユニーGHD)の経営統合によって始まった、サークルKとサンクスのファミリーマートへのブランド転換は大規模な商品・物流統合として大きな注目を集めた。

 これによってファミマは国内店舗数を約1万8,000店に伸ばし、セブンイレブンに次ぐ業界第2位となったが、それでもまだセブンの背中は遠いのが現状。なかでも、セブンが特に力を入れている中食商品(惣菜や弁当)の売上では大きく差をつけられてしまっている。

 そんななか、9月26日からファミマは新たな惣菜シリーズとして「お母さん食堂」を打ち出した。「お母さんの“温かさ”をファミマの惣菜に!」をテーマに、定番の惣菜を品質・即席性をより高めて一新。約65種類のラインナップを全国で順次展開している。

 このように、打倒セブンの御旗のもと始まった「お母さん食堂」だが、実際のところセブンの惣菜を超える品質は実現できているのだろうか。

 今回、一般社団法人・健康栄養支援センターの代表理事を務める池上淳子氏の協力のもと、「お母さん食堂」がセブン超えの糸口となるのか検証していく。

 検証方法として、セブンと「お母さん食堂」の惣菜のなかから、ごぼうサラダ、ポテトサラダ、チーズインハンバーグの3品を、池上氏に比較してもらうという方法を採用した。

●ごぼうサラダ

・セブン「炒めごぼうの風味を活かしたごぼうサラダ」

「ごぼうの繊維がしっかりあり、噛みごたえもあって、ごぼうの風味も口に広がりおいしいです。炒めた香ばしさで香りも良し。甘めの味付けで塩味もしっかりあるので、ご飯に合います」(池上氏)

・ファミマ「ごま風味のごぼうサラダ」

「マヨネーズ感が強く、クリーミー。セブンに比べて人参が多いのでうれしい。ご飯のおかずよりもサンドイッチなどパンに合うのではないでしょうか。ごぼうはセブンに比べて柔らかめ」(同)

・栄養比較

「栄養量はセブンがすべてにおいて少し多くなっています。そう考えるとファミマのほうが低カロリー、低脂質、低塩といえますが、セブンのほうはたんぱく質量も多いので◯。ただ、結論をいえば両者に大差はないでしょう」(同)

●ポテトサラダ

・セブン「北海道男爵いものポテトサラダ」

「素朴な味で、マヨネーズなど調味料の味が強くなくあっさりとしています。じゃがいもの自然な味が強いです。玉ねぎのシャキッとした歯ごたえもあり◯。家庭の味に近くとても美味しいです。絶妙なじゃがいものつぶし感で、ごろっとしていてそのカタさも柔らかすぎずいい」(同)

・ファミマ「国産じゃがいものポテトサラダ」

「マヨネーズ感が強いです。調味料で調整されているものが多いのか、美味しいが味付けの複雑さが感じられます。そのため、後口に鼻に抜ける味に少し違和感を覚えます」(同)

・栄養比較

「エネルギー、脂質、食塩はファミマのほうが少し多めなので、セブンのほうが低カロリー、低脂質、低塩で◯。ただしこちらも、両者に大きな差はないです」(同)

●チーズインハンバーグ

・セブン「5種のチーズ入りハンバーグ」

「レストランで食べる高級感のあるハンバーグといった味わい。肉の旨み、玉ねぎの甘みがありおいしい。中のチーズはいい意味でチーズ臭さがあり、しっかりと主張していて◯。ソースは香ばしい色の濃いデミグラスソースで、家庭ではつくることが難しいプロの味だと感じます。余計な調味料などの味もなく、手軽に食べられることに至福を感じるレベル」(同)

・ファミマ「チーズインハンバーグ」

「いろいろな調味料がエキスとして入っているのか、味はおいしいが肉の旨みなどはあまり感じられない。中のチーズはチーズ臭さがなくホワイトソースのようにクリーミー。チーズ臭さが苦手な方には好まれるでしょう。デミグラスソースはスパイスのきいたケチャップのような素朴な味が感じられて、家でお母さんがつくるデミグラスソースに近い雰囲気。セブンが高級レストランに対してこちらは素朴な家庭の味のため、どちらをおいしいと感じるかは好みによるかと思われます」(同)

・栄養比較

「セブンはエネルギー、たんぱく質、炭水化物量が少し多い。ファミリーマートは脂質、食塩が少し多い。これに関しても、両者に大きな差はないです」(同)

●確かな品質と業界第1位の実績を持つセブンに軍配

 検証の結果、栄養比較面ではいずれも大差がないことがわかった。

 だが、一般人代表として筆者も食べ比べを行った感想を述べると、同品目・同価格帯でここまで味に差が出るものなのかと驚かされるほど、セブン側の惣菜のおいしさを再認識させられる結果となった。セブンの中食商品第1位が揺るがないのは、店舗数の多さだけでなく、こだわり抜いた品質によるところも非常に大きいということだろう。

 もちろん、人それぞれ好みはあるだろうし、ファミマの惣菜も十分おいしいと感じられる品質を実現しているのは確か。しかし、両者を比較した場合、やはりセブンの惣菜はレベルが違うと感じたのだ。

「お母さん食堂」は、それ単体としては成功といえる事業かもしれないが、セブンに一矢報いることができるかというと、現状は難しいかもしれない。
(文=A4studio)

※本文内、味の評価などは個人の見解によります。