U-21日本代表MF三好康児(札幌)

写真拡大

[1.16 AFC U-23選手権 U-21日本3-1U-23北朝鮮 江陰]

 ここまでの2試合で生まれたゴールはDF板倉滉(仙台)の2得点のみ。北朝鮮戦も前半32分にDF柳貴博(FC東京)がゴールを奪い、守備陣が得点を積み重ねる中、同43分についに攻撃陣に今大会初ゴールが生まれる。ネットを揺らしたのは背番号10を背負うMF三好康児(札幌)だった。

 前半43分、中央突破したFW旗手怜央(順天堂大)のスルーパスからMF伊藤洋輝(磐田U-18)が駆け上がると、三好がゴール前に走り込む。「洋輝は左利きだし、良い形で中の自分の動きを見ていてくれた」と仲間を信じて駆け上がると、伊藤が折り返したボールを落ち着いて左足で合わせてネットを揺らし、チーム2点目を記録した。

 今大会初となる攻撃陣のゴール。「どうしても得点まで結び付けたかった。良い形ができている中で、最後仕留めるのが一番大事だったので、一つ良い形ができたのは良かった」とホッと胸をなで下ろす。

 3連勝を飾ったチームはグループ首位で決勝トーナメントに進出する。「ボールに絡む回数が少ないし、そういう部分は自分の持ち味を出していきたい」と攻撃陣初得点、自身今大会初得点にも満足することなく次戦に向けて準備を進める。

(取材・文 折戸岳彦)
●AFC U-23選手権2018特集ページ