先制点を奪ったU-21日本代表DF柳貴博(FC東京)

写真拡大

[1.16 AFC U-23選手権 U-21日本3-1U-23北朝鮮 江陰]

 思い通りのゴールではなかった。しかし、チームに勢いをもたらす値千金の先制点だ。今大会初出場を果たしたU-21日本代表DF柳貴博(FC東京)は、自身が放ったシュートがネットを揺らすことを確認すると、喜びを爆発させた。

 スコアレスのまま迎えた前半32分、先制点が生まれる。左サイド後方でFKの好機を得ると、MF伊藤洋輝(磐田U-18)が蹴り出したボールにファーサイドの柳が反応する。「自分の前にいた選手がちょっと前に行き過ぎていて、これは絶対に超えてくるなと思った」と準備を整える。

 しかし、「絶対に触れないと思ってから、割と時間があった。トラップするか、ダイレクトで打つか結構考えていた」ところ、「ちょっと迷っていたら、入っていました(笑)」と左太ももに当たったボールはゴールマウスに収まり、先制点が生まれた。狙い通りのゴールとはいかなかったものの、「意外と良いところに行っていたし、入って良かった」と喜びを表す。

 後半に入ると相手に押し込まれる時間帯が増え、自身のミスもあり、「得点できてチームの勝利に貢献できたのは素直にうれしいことだけど、正直、個人としての内容には全然満足できていない。もっともっとやらないといけないし、いろいろ課題も見えた」と表情を引き締め直す。

 3連勝を飾ったチームはグループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝は19日に行われ、ウズベキスタンと対戦する。「次は試合に出られるか分からないけど、自分の足りないものを確認して、次に良い状態で臨みたいと思います」と視線を前へと向けた。

(取材・文 折戸岳彦)
●AFC U-23選手権2018特集ページ