梅宮アンナ

写真拡大

15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの梅宮アンナが、「港区女子」を痛烈に批判した。

番組では「港区版・悪魔の辞典」と題し、「港区女子」「ギャラ飲み」「タワマンパーティー」「ラウンジ嬢」といった東京・港区に関するワードを新定義した女子SPA!の記事を取り上げた。勘違いしている女性や見下している女性が多いといった批判的な内容に、コメンテーターとして出演するタレントの武井壮も激しく同調していた。

一方で、フリーアナウンサーの阿部哲子が「どうですか?アンナさんにとって港区女子とは?」と尋ねると、梅宮は「ダサい!」「ダサいよねぇ…やっぱり。だって渋谷区が一番だもん」とバッサリ。

渋谷区生まれ渋谷区育ちだという梅宮は、過去に同番組内で渋谷区の松濤(しょうとう)が日本一だと豪語している。そんな梅宮が「(港区女子は)中途半端な遊び方が多いかなとは思うんだよねえ…」と漏らすと、阿部は「本物っていうのはどういう方なんですか?」と質問。

これに梅宮が「本物は海外で遊ぶ」と答えると、阿部アナは「海外に行って、たまに帰ってこない人でしょ」と、梅宮の答えをイジって笑いを誘った。

【関連記事】
梅宮アンナが病気だと思う自分の行動…洗濯機3台で1日中洗濯
梅宮アンナ 東京都港区のイメージに痛烈「私から言わせると『田舎』」
梅宮アンナが出身地に強いこだわり 「渋谷区松涛が日本一」と豪語