【ソウル聯合ニュース】南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮住民とみられる4人の遺体の引き渡しが17日午後3時に行われる予定だったが、北朝鮮側の要請により18日に延期された。韓国統一部当局者が16日、明らかにした。

 板門店で17日に北朝鮮の平昌冬季五輪参加を巡る南北実務会談が開かれることなどを考慮しての要請とみられる。

 4人の遺体は7日、韓国東部の鬱陵島沖で発見された北朝鮮のものとみられる小型の木造船の船内から白骨化した状態で見つかった。

 韓国政府は12日、遺体の引き渡しに関する大韓赤十字社会長名義の通知文を板門店連絡チャンネルを通じて朝鮮赤十字委員会委員長宛てに送っていた。