PSGディ・マリア、歓喜のち落胆 “技ありゴール→衝撃ミス”に海外騒然「英雄と悪役」

写真拡大

前半11分に幸先良く先制ゴールを決めるも、同37分の絶好機はまさかのバー直撃

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間14日のリーグ・アン第20節ナント戦、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアの虎の子の1点を守り切り、1-0で勝利した。

 勝利の立役者となった29歳のウインガーだが、試合中には絶好の決定機を外す“ミス”も犯しており、母国アルゼンチンメディアはその明暗のコントラストを「英雄と悪役」と評している。

 PSGは前半11分、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがペナルティーアークやや後方から右斜め前方のフランス代表FWキリアン・ムバッペにパスを出してゴール前のスペースにダッシュ。ワンツーを阻止しようとナントの選手は3人がムバッペにプレッシャーをかけたが、ムバッペはそれを見透かしたようにスルー。ボールはペナルティーエリア右でフリーとなったディ・マリアへと渡り、ワントラップから左足のトーキックでゴールを陥れた。

 ディ・マリアの今季リーグ戦3得点目で幸先良く先制したPSGは、前半37分にもチャンスを迎える。速攻からムバッペが右サイドに展開し、走り込んだフランス代表MFアドリアン・ラビオがスライディングしながらゴール前にラストパスを供給。逆サイドを駆け上がってきたディ・マリアにつながり、2点目が入ると思われた。しかし――スピードに乗り過ぎてステップを合わせ切れなかったのか、左足インサイドで放ったシュートはクロスバーを直撃。まさかのチャンス逸に、本人も頭を抱えんばかりの表情を浮かべた。

「ラビオのパスは最低でもゴールに値した」

 1-0と勝利こそしたものの、5位のナント相手に最後まで追加点を奪えなかったPSG。アルゼンチンメディア「infobae」は、「英雄と悪役:アンヘル・ディ・マリアはPSGを勝利に導いたが、驚くべきミスを犯した」と見出しを打ち、「彼はゴール後、信じられないようなミスをした」と、パフォーマンスに“高低差”があったことに言及している。

 フランス紙「20minutes」は、「ラビオがアルゼンチン人のためにシルキーパス。それは最低でもゴールに値した」と報道。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の選手寸評でも及第点を下回る「5点」がつけられ、「アルゼンチン人は得点したかもしれないが、別の部分では苦労した」と指摘している。

 ディ・マリアにとっては、得点の喜びよりもミスの悔しさが残った試合になったかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「ナント×パリ・サンジェルマン」 ディ・マリアの技ありトーキック弾(動画期限:18年1月29日)

【動画】「ナント×パリ・サンジェルマン」 ディ・マリアが絶好のチャンスで衝撃ミス(動画期限:18年1月29日)